【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その2  ≪我が身を省みて≫

2017.07.28(00:01) 3597

【クメール】
  ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その2
    ≪我が身を省みて≫



小学校一年の小さな子が 大阪で迷子になって

  奈良まで一人で歩いて帰った 信じられない出来事があった

その時に言った言葉

途中道に迷ったら 知ってる道まで引き返し また一からやり直そうと決意したと言う

  帰り道など分からぬ幼子が 小さな胸にそう刻み込んだという

大阪から奈良まで 道順も分からず歩いたこともない道を

  六時間位かけて 20キロの知らない道のり(生駒山越え)を歩いて帰った

真冬の日が落ちる直前に無事に生還したという

  下手をすると大事故につながる 警察の捜索が入る直前の驚愕したホントの話

幼子でも決意(覚悟)すると どんなことでも出来る未知数の能力を秘めていること

  心から衝撃を受け 感銘した事件(大事件にならず安堵した出来事)だった


小学一年の幼子の経験に比べれば 人生の中で多少のミスや 失敗は大したことじゃない

  まあ命までは まずはほとんど取られないもの

うまくいかなっかったことを 経験にすればいいだけ

  反省とは省みてシュンとなることではない

「七転び八起き」 何度転んでも 起き上がればいい

  「七転八倒」だと 最後は転んだままになるよ

「起き上がり小法師(こぼし)」で ひょいと立って

  次は転んだ理由を考えて

目標とやり方を見直して 今度はここに気を付けて

  そう一歩ずつね

ここをこうやり直そう ちゃんと足を地に着け

  覚悟(決意)して 前に進んでいこう

  チャレンジすれば いいか悪いかの結果が見えてくるもの

やらなければなんの結果も見えてこない

  悩んでもいいよ 焦ってもいいよ 腐ってもいいよ

ただね 放り出して諦めないで


冬になっても 必ず春は来る

  「冬(ふゆ)来(きた)りなば春(はる)遠(とお)からじ」

     《英国の詩人、シェリー の詩「西風の賦」の一節から》

    辛い時期を耐え抜けば 幸せな時が必ずやって来る

雨が降っても いつかは晴れる

  月が欠ければ いずれは満ちてくる

どうにもならぬことを 自分に出来ないことを心配しても仕方ない

  だから もう悔やまず心配しないで

前を向いて 一歩ずつ歩いて行こう そう一歩ずつね

  以上 我が身を省みて 自己反省としてm(_ _)m



【クメール】
  ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな
    ≪我が身を省みて≫


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その1  ≪我が身を省みて≫

2017.07.26(00:01) 3595

【クメール】
  ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その1
    ≪我が身を省みて≫



ああでもない こうでもない

  迷うな 悩むな いじけるな

悩んで 塞ぎ込んで 頭を抱え込んでも

  何も解決しない

先ずは どうすればいいか 考えて

  考えて考えて 考え尽くして 知恵を出して

言葉を尽くし 真心尽くし 先ずは初めの第一歩を

  言葉にして 行動して 踏み出そう

またダメだったら どうすればいいかって?

  ならね また一から やり直せばいい


小学校一年の小さな子が 大阪で迷子になって

  奈良まで一人で歩いて帰った 信じられない出来事があった

その時に言った言葉

途中道に迷ったら 知ってる道まで引き返し また一からやり直そうと決意したと言う

  帰り道など分からぬ幼子が 小さな胸にそう刻み込んだという

大阪から奈良まで 道順も分からず歩いたこともない道を

  六時間位かけて 20キロの知らない道のり(生駒山越え)を歩いて帰った

真冬の日が落ちる直前に無事に生還したという

  下手をすると大事故につながる 警察の捜索が入る直前の驚愕したホントの話

幼子でも決意(覚悟)すると どんなことでも出来る未知数の能力を秘めていること

  心から衝撃を受け 感銘した事件(大事件にならず安堵した出来事)だった



【クメール】
  ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その2へ 続く
    ≪我が身を省みて≫


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

伝えるだけではなくて 伝わったかどうか

2017.06.30(00:01) 3567

【クメール】
  伝えるだけではなくて 伝わったかどうか



伝えたつもりが 伝わっていなかった
   後でトラブルになることがよくある

うまくいかず 問題が大きくなると 私は悪くないと
   お互いが 責任のなすりつけあいをする

何故そんなことが起こるのか?
   相手に伝える 伝えた つもりになって
フォロー確認をしないから
   伝えたつもりが 伝わっていなかったことになる
伝えるだけではなくて 伝わったかどうか
   アンサーバックを重視する

重要な物事は 相手に委ねたままにせず
   行き違いや 勘違いがないか 必要に応じ 確認したい

思わぬトラブルは 任せっきりの 丸投げのときに起こるもの
   伝えたからと 安心せず 重大な案件は
任せっきりにせず 重要なプロセス(キーポイント)はどこか
   押さえ処を見極め キーポイントについては
自らがフォロー確認する癖をつけたい



  【クメール】
    伝えるだけではなくて 伝わったかどうか


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

『嘘は未来を暗くする』 その2

2017.06.21(00:01) 3556

【クメール】
  『嘘は未来を暗くする』 その2 



今は昔
  こんな同僚の実話があります
仕事の納期で
  あれは出来たか?
客からの問い合わせに
  同僚はハッとしました
発注するのを忘れていたのです
  ところが
ハイ
  来週には入ってきます
と、その場しのぎの嘘の返事をついついしてしまったのです

同僚は誠実で朴訥(ぼくとつ)な人間で嘘を言える人間ではありません
  客は納得して次の週まで待ちました
ところが品物は当然入って来ません
  品物は納期一ヶ月以上掛かるものだったのです
同僚は、そのことを上司にも誰にも報告・連絡・相談をしなかったのです
  嘘をついた等、生真面目な性格が災いして言えなかったのでしょう
納期のフォローがあると 工場がミスをしまして…またその場の言い逃れ
  嘘をつけば 取り敢えずその場はしのげるのです
その場逃れを続けるあまり 泥沼にどんどんはまっていく

最初は怖々の嘘がその内 板に付いてくる

結局それを繰り返し、あちこち問題が発覚してから身動きができなくなり大変な騒動になりました
  段々逃げ場を失っていった彼はパニクって 最後には嘘をついたことと
本当のことの区別もつかない位になってしまったのです
  こうなったら「心神耗弱(しんしんこうじゃく)」または「心神喪失」ですね

ことの顛末は
  同僚は当然の結果として、営業の窓口から外されました
ちょっとした嘘の始まりが取り返しのつかないことになってしまったのです

『嘘は未来を暗くする』
  そのことに気が付けば嘘の重みが分かるでしょう
「嘘つきは泥棒の始まり」とも言いますから


Aさん
  あなたは、嘘をついたと正直者です
その上、直したいと反省されています
  過去はもう取り戻せません
でも、現在と未来は全てあなた自身のものです
  あなたの言葉と行動で100%未来が変わるのです
変えられるのは世界であなた一人しかいません

『直せない』ではなくて『直そうとしていない』あなたがいるのです

その理由は
  切羽詰まっていないこと
嘘の重大さに気付いていないこと
  自分に自信がないこと
その場の言い逃れが出来ると思う甘え
  そんなところではないでしょうか?

さあ
  先ずは『嘘は絶対つかない』と宣言しましょう
宣言 ⇒ コミットメントするのです

恥ずかしければ
  自分の部屋の壁に大書して
部屋を出る前に 声に出して宣言し 心に刻み込みましょう
  それを毎日やるのです
心に誓い 言葉にだすことで 自分自身にコミットメント(宣言)するのです

失敗したら、素直に謝る
  大丈夫です
命までは取られません-(笑)
  謝った分 二度と失敗しないようになるでしょう
そう心に誓い 問題点を洗い出し 改善していく

出来ないと諦めず やろうと努力し行動することが大切です
  必ずやる、やれます やるのです
自信を持ってすぐ行動に移してください
  明日からでは駄目ですよ
今です
  今すぐ 今からこれからなのです

Aさん 大丈夫です
  未来は明るいですよ 出来ると信じて
まずは初めの第一歩を 踏み出しましょう~♪



  【クメール】
    『嘘は未来を暗くする』 その2 完



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

『クイを打つ クイを残す 八つのクイ』

2017.05.16(00:01) 3499

【クメール】
  『クイを打つ クイを残す 八つのクイ』



1.『クイ(杭)を打つ』
  仕事は一つ一つに『クイを打って』、次のプロセスへ確実に渡そう。
  決めた通りに行ったかどうか、「検証」する(=クイを打つ)癖をつける。
  次の工程には、確認し合格したものしか渡さない。
  適当にやったり、検証せずに適当に手放すと、エラーポテンシャルとなる。
  最後のチェックを怠らないように。


2.『くい(株)を守る』
  木の切り株にぶつかって死んだウサギを手に入れた農夫が、
  それに味をしめて仕事をやめ、木の切り株の番に明け暮れたという。
  いつまでも一つのことに固守して新しい事態に対処しない。
  「濡れ手で粟」の人生では、未来が拓けない。
  自分はこんなレベル、自分の人生はこんなもんだ
  と諦め、そう思い込んでいませんか?
  知らない内に、自分で檻を作り、制限を設けていませんか?
  そう思い込んでいる限り、本当にその通りの人生になりますよ。
  自らの力で切り拓こう。


3.『出るクイ(杭)は打たれる』
  どうせなら 打たれないほど出てしまおう。
  へこたれないで


4.『クイ(食い)縛る』
  くじけそうになったら 『クイ(食い)縛り』 諦めないで
  日常に押し流されないように 『クイ(食い)止めて』
  しかし 杭を打つことはしがらみが増え
  しがらみに自縄自縛(じじょうじばく)になることあり 気を付けて。
  勝手に自分を秤りに掛け、自分の限界を決めてしまうこと。
  自分の過去の経験や記憶で自分の可能性を制限(抑制)し
  壁を作り、自縄自縛になってしまう懸念あり。


5.『クイ(食い)過ぎ』
  食事も欲も『クイ(食い)過ぎ』ないように。
  腹八分、仕事は十二分、合わせて、丁度。


6.『クイつき離さない』
  重要か、緊急かの適切な判断と行動。
  これはというもの(大切なポイントはどこか!?)には 『クイつき離さない』
  『クイックレスポンス』の行動を


7.『クイ(悔い)改める』
  失敗の中の行動や やり方・考え方を『クイ(悔い)改めよう』
  失敗は成功の一里塚。
  壁を破るには、今までの常識、これまでの成功体験に縛られないこと。
  今までのやり方に安住しないで、新たなやり方を工夫しよう。
  無理だと思っていること、思い込んでいることにこそチャレンジする。
  『今が限界だという思い込みを捨てる』こと。
  本当に自分が欲しい現実を 自分の心に素直に問いかけ 見つめ直してみる。
  その結果、現実とかけ離れているなら、現状に甘んじている自分を謙虚に認め、受け入れる。
  そして、その現実を変えることを決断し、実行に移すこと。


8.人生『クイ(悔い)を残す』ことのないように
  明日に 仕事を 結論を先送りしないこと。
  クイ(悔い)を残さない人生にしよう。



  【クメール】
    『クイを打つ クイを残す 八つのクイ』



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

『善も悪 悪も善になる』 その2

2017.05.09(00:01) 3509

【クメール】
  『善も悪 悪も善になる』 その2



今現在は善(よいこと)だと思っていても
  明日になれば 悪(悪いこと)と思うことになっているかも…。

また 善だと思っていたことが
  その人の売名行為だということを もし誰かが言い出したら…??

『善の顔をした悪 悪の顔をした善』

叱るのか!? 怒るのか!?
  本人は叱っているつもりでも
相手には 感情的にただ怒っているだけと思われているのかも…。

善か偽善(悪)か
  それは 他人や周りの評価で勝手に決められ 形作られ
 真実は 闇の中にいて 見えてこないもの。

一度そのような目で見てしまうと
  本当のことは
もう曇って見えず フィルターを掛けて見てしまう。

また、 明日になって 悪と思っていたことが
  より深い慈愛に満ちた善であったのだと気付かされることもあるかも…。


そもそも 善とは何か??
  今現在だけをみて
自分に都合の善い・悪いことだけを見て
  『善・悪』だと決め打ちしていないだろうか。

自分に都合のいいことは 「善」
  あの人はいい人 悪い人

自分の価値判断で 眼先の事柄に振り回されているのではないか!?

それと
  社会の常識や道徳 トレンドで『善・悪の判断基準』は変わっていく。

消費は美徳 = 善 ⇒ 環境汚染 = 悪

  ノーネクタイ = 無礼・非礼  ⇒ 今は クールビズで グッド

  『善・悪』

JR西日本の尼崎脱線事故も

  その当時の知見や予見で知り得たこと やるべきことが行われたかどうかで

  『善(無罪)・悪(有罪)』が決まる。

一つの事象・現象・事実だけを見て

  『善・悪』を決め打ちしないように気をつけたい。



 【クメール】
    『善も悪 悪も善になる』 その2



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

ヒヤリ・ハット

2017.03.24(00:01) 3463

【クメール】
  ヒヤリ・ハット (ヒヤリとしたり、ハッとしたりしたミス)



ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見をいう。
  文字通り、「突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの」である。

[例]
 ・赤信号で交差点に進入した乗用車と衝突しそうになった
 ・路地から勢いよく出て来た車と衝突しそうになった

「概要」
ヒヤリ・ハットは、結果として事故に至らなかったもので、問題が大きくならず見過ごされてしまうことが多い。
すなわち「ああよかった」と、直ぐに忘れがちになってしまうものである。
しかし、重大な事故が発生した際には、その前に多くのヒヤリ・ハットが潜んでいる可能性があり、
ヒヤリ・ハットの事例を集めることで重大な災害や事故を予防することができる。
そこで、職場や作業現場などではあえて各個人が経験したヒヤリ・ハットの情報を公開し蓄積または
共有することによって、重大な災害や事故の発生を未然に防止する活動が行われている。
このような活動は、ヒヤリ・ハット・キガカリ活動とも呼ばれる。

ハインリッヒの法則は、「重大事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」
ということを示したもので、この活動の根拠となっている。

一件の重大なトラブル・災害の裏には、29件の軽微なミス、そして300件のヒヤリ・ハットがあるとされる。
(ハインリッヒの法則)

医療におけるヒヤリ・ハット(英語ではMedical incidentと呼ばれる)は、
医療的準則に従った医療行為が行われなかった(人的なエラーが発生した)が結果として被害(不利益)が生じなかった事例に使われる。
看護学においても、普及した言葉である。
また、厚生労働省が発表する「リスクマネージメントマニュアル作成指針」にも定義されている。
また、近年医療事故が社会問題に発展する中、「ヒヤリ・ハット」をマスコミ等で「医療ミス」と表現する場合があるが、これは完全な誤用である。

ヒヤリ・ハットの典型例
ある医療行為が実際には実施されなかったけれども、仮に実施したら、患者に被害が発生したと予想される場合。
[例]
 間違った内服薬を患者に渡したが、患者がいつもの薬と違うことに気づき、実際には内服しなかった。
ある医療行為が実際に実施されたけれども、結果的に患者に被害は無かった場合。
 患者は間違った薬を渡されたため渡された内服薬をそのまま内服してしまったが、実際にはそれによって健康被害を起こさなかった。
患者からのクレームもなかった。

ヒヤリ・ハット事例の活用 ≪http://anzeninfo.mhlw.go.jp/hiyari/anrdh00.htm≫

ニアミスが続くと医療事故にもつながる可能性があるため「ヒヤリ・ハット」の事例を記録し
 共有することによって、医療事故の防止・医療安全に役立てられている。

ヒヤリ・ハットマップ
災害や事故に至る前の事例発見ヒヤリ・ハットを日常生活の視点で記載した地域地図。
自治会や警察署などを中心に地域の交通事故多発地帯や大きな段差のある場所や蓋のされていない側溝、
街路樹や看板で見通しの悪い交差点、信号のない交差点などを記した、地域マップ。
学校では、児童・生徒・保護者、自治会では高齢者や車椅子利用者など自ら地域を回り
各目線で危険な場所を確認し地図を作り上げる活動も行なわれている。
企業
工場敷地での車やフォークリフトの往来による敷地内事故を防止するために用いられる。
学校
通学路や、公園周辺の信号のない交差点、不審者が出没し良い場所などを確認し児童・生徒が自身を守るために用いられる。

≪https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88より≫


 【クメール】
     ヒヤリ・ハット (ヒヤリとしたり、ハッとしたりしたミス)


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

ヒューマンエラーを防ぐ為のチェックシート

2017.03.23(00:01) 3460

【クメール】
  「ヒューマンエラーを防ぐ為のチェックシート」



  ヒューマンエラーとは、人間が原因で起こるトラブル(人為的なミス・失敗)のこと。
    ヒューマンエラーにより、さまざまな事故やトラブルの原因になっています。
  しかし、幾ら気をつけていても、ヒューマンエラーは無くなりません。
    そこでヒューマンエラーを防ぐ為のチェックシートを作ってみました。

 ○・△・×の三段階で 自分の行動傾向を評価してエラーを起こす要因となるものを抽出して(×印の項目)
    ヒューマンエラーを防ぐ為の参考にしてください。 

1.ヒューマンエラーは、慣れた時、油断している時、気が散った時に起こる。

2.伝言を口頭だけでしていないか? メモやSNS等で記録に残しているか?

3.大事なことを他人任せにしていないか?
  仕事のたらいまわしをしていないか?

4.結果より、プロセスが大事。 やり方は? 手順は確認しているか?

5.やるべき事を理解してやっているか? 中途半端な理解のまま仕事していないか?

6.日頃のコミュニーケーションこそ大事。 仕事仲間・上司・部下・顧客・関係先
  話し難い人はいないか? 意識してナイスコミュニーケーションを考えている?

7.判断基準にブレはないか?合否判定基準、人によるバラツキはないか?

8.集中しなくても、ミスをしないシステム・ルール・やり方を考えているか?

9.ルールと実際にやっている事に、相違はないか? 人によるバラツキはないか?

10.日頃から相手(顧客や仲間)との 小さな齟齬(そご=行き違い)を見逃していないか?

11.小さなミスを見逃していないか? 相手に伝えているか?ヒヤリハットを見逃すな。

12.ヒューマンエラーは 相手がやってくれているだろう…まあ大丈夫でしょう…で発生する。

13.伝えた人 頼んだ人が その通りやってくれたか 確認しているか?

14.ミスをした人にペナルティーや無視、仲間外れ、批判(悪口)していないか?
  疎遠な関係がヒューマンエラーの遠因となる。

15.仕事を受けた時の情報・確認に欠落はないか? 仕事を引き渡す時の確認漏れは?
  次工程にエラーを引き渡さない。

16.手順書・約束事は関係者に周知徹底されているか?
  新人や転勤者、別部門の人への周知はされているか? ルール化されているか?

17.手順書・約束事に変更・訂正はなかったか?

18.ミスや失敗を活かしているか? 活かされているか? 共有・ルール化されているか?

19.指さし確認・声だし確認を癖にする。相手に確認(復唱)しているか?

20.知らないことを放置していないか? 自分勝手に解釈している部分はないか?
  分からない時には、質問したり、確認したりしているか?

21.どれが大切な事なのか? 重要なプロセス(仕事の肝)を理解して仕事をしているか? 

22.仕事の軽重・優先順位(急ぐもの、後でいいものの仕分け)をつけているか?

23.仕事に乗っている時に重要な仕事を片付ける。仕事の時間配分。 

24.記憶に頼らない。 メモ(ノート)をとっているか? メモを紛失したことはないか?

25.「問題が発生した時の対策」より「問題を発生させない方法」を考えているか?

26.人の所為にしていないか? 先ずは自分の所為だと省みてみる。伝え方が悪かったetc

27.ヒューマンエラーは、省略(手を抜く)したときに起こる。

28.作業の中断・気持ちの中断時にエラーは発生する。仕事中に気が散っていないか?
  仕事中に携帯・スマホ 気になっていないか?

29.休憩・作業終了(作業の中断)は、仕事(プロセス)の途中で打ち切っていないか?
  中途半端でやめると 抜けが生じる。

30.作業開始の時に 作業前の状況を把握してから始めているか?

31.次工程に渡す時にやったことやっていないことを確認しているか?

32.次工程に渡す時に 懸念事項や留意点を伝えているか?


・・・・・・・・【事例研究】・・・・・・・

×の項目に付いて○にするにはどうすればいいか?

ヒューマンエラーの原因(理由)について
何故(why)?何故(why)?何故(why)?と五回位繰り返しながらエラーとなる要因を追っ掛けてみてください
又は 特性要因図(魚の骨)で 7M(又は4M)の要因毎に 纏めてみましょう

「特性要因図」とは
取り上げた問題点に対してその原因を全員で提起し視覚的にまとめ、重要と思われる要因について的を絞って効果的に改善を推進していくための手法。
  ≪参考:http://takuminotie.com/blog/quality/%E7%89%B9%E6%80%A7%E8%A6%81%E5%9B%A0%E5%9B%B3/ ≫


【クメール】
  「ヒューマンエラーを防ぐ為のチェックシート」


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

「ヒューマンエラー」の 予防処置 その3

2017.03.22(00:01) 3459

【クメール】
  「ヒューマンエラー」の 予防処置 その3



  ---  「ヒューマンエラー」の要因分析と防止策の考え方 その2からの続き ---

ヒューマンエラーとは、人間が原因で起こるトラブル(人為的なミス・失敗)のこと。
  ヒューマンエラーにより、さまざまな事故やトラブルの原因になっています。
しかし、幾ら気をつけていても、ヒューマンエラーは無くなりません。
  そこでヒューマンエラーの発生要因や、防止策について考えてみましょう。


4.ヒューマンエラーの具体的な予防処置

★ 危険予知トレーニング (KYT) 
★ ダブルチェック 
★ 周辺状況について指差し確認をおこなう (指差し呼称)
★ 間違いを防ぐために、複数の担当者で確認する(違う視点での確認)
★ 口頭による聞き逃しや聞き間違いを防ぐために、情報を文書化する
★ ToDoリストを作成して作業の漏れを防ぐ 記録に残す
★ マニュアルや仕事の流れが決まっている場合はその手順に従う
★ 代行者や中採者、未経験者への周知徹底(教育訓練)
★ 心の健康、身体の健康 夜更かし 悩みごと 注意力散漫
  疲労を起させないための勤務時間管理、適度な休息
★ 適度な休憩、ガム・コーヒーなどちょっとした気分転換やリフレッシュ 眠気覚ましになるもの

ヒューマンエラーの意味を知り、原因を分析して対策をとることはとても大切です。
機械やルーチンワークの中に、ヒューマンエラーを防ぐ機能をつけることも効果があります。
   (フェールセーフ[多重安全設計]・フールプルーフ[ポカ防止])
例えば
間違った場合やジャンプした作業をした場合にそれ以上左記に行けない仕掛けをすれば、
ヒューマンエラーによる事故は防げるでしょう。
人間は間違えるものだという認識のもと、ヒューマンエラーをなくしていくための取り組みが必要で
システムや作業環境の改善も考える必要があります。  
  ≪以上一部参考にしています:https://careerpark.jp/79876他≫


5.3H作業(さんエイチさぎょう)≪https://ja.wikipedia.org/wiki/3Hより≫
 人間が作業を行う際、ミスや失敗を起こしやすい状況を簡潔にまとめた標語。
 以下の三種の作業または状況のことを指す。
 1).初めて(はじめて、Hazimete) - 初めてやる作業
 2).久しぶり (ひさしぶり、Hisashiburi) - 久しぶりに行う作業
 3).変更 (へんこう、Henkou)- 手順や方法が変更された作業

 これらの作業においては、普段に比べ特にミスや失敗が発生しやすく、
  そこから事故や怪我といった災害につながることも多い。
 そのため3Hにあたる作業を行う際は、十分注意して取り掛かる必要がある。




【クメール】
  「ヒューマンエラー」の 予防処置 その3




   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

「ヒューマンエラー」の要因分析と防止策の考え方 その2

2017.03.21(00:01) 3458

【クメール】
  「ヒューマンエラー」の要因分析と防止策の考え方 その2



  --- 「ヒューマンエラー」 その1 2017.02.28記事 発生要因からの続き ---

ヒューマンエラーとは、人間が原因で起こるトラブル(人為的なミス・失敗)のこと。
  ヒューマンエラーにより、さまざまな事故やトラブルの原因になっています。
しかし、幾ら気をつけていても、ヒューマンエラーは無くなりません。
  そこでヒューマンエラーの発生要因や、防止策について考えてみましょう。

1.ヒューマンエラーを防ぐ3つの力(個々個人の力を磨きましょう)

◇ 間違い検知力   最も重要。
  間違いが潜在していることを事故が起こる前に発見できる度合い。
  事故件数を減らす。
  発見を助ける手立て。(目印、識別、ポップアウト効果[緑色の中に赤色を入れると目立たせることが出来る]、検証、検査など)

◇ 間違源逆探知力  2番目に重要。
  どこからやり直せばよいか判定できる度合い
  事故復旧コストを抑える。
  トレーサビリティの手立て(記録、検査の頻繁化)

◇ 作業成功力  普段は目に付くが、相対的重要度は最も低い
  間違いが少ない度合い。
  ランニングコストを抑える。
  手順の適切化。
  作業者の補助支援。
  訓練と教育

2.ヒューマンエラーの要因

コンピューターや機械の信頼性が上がった現在、ほとんどの大事故は、ヒューマンエラーによる事故と言えます。
ヒューマンエラーの意味を知り、その要因をなくす必要があります。

◆ 意図していないヒューマンエラー:疲労や錯覚が原因
 これは、技術が足りていないまま作業を行ったり、指示がしっかり理解できていない「知識不足」です。
 また、知っているはずの作業であっても、疲労などのためにまちがった判断をしてしまう「誤判断」によるエラーがあげられます。
 どんなに注意深い慎重な人であっても、疲労や錯覚などでヒューマンエラーを起こす場合があります。
 また、ヒューマンエラーの原因の1つに「場面行動本能」があります。
 これは、瞬間的に注意が一点に集中すると、周りを見ずに行動してしまう本能を意味するものです。
 これを防ぐためには、職場のコミュニケーションを円滑にして、お互いが周りに気を配るようにする必要があります。

◆ 意図的なヒューマンエラー:近道行為や未確認が原因
 一方、意図的なヒューマンエラーが意味するのは、どのようなエラーでしょうか。
 これには、近道行為などが含まれるのです。
 例えば、作業を急いでいて、決められた安全通路を通らずに近道することがあげられます。
 また、納期が迫っているので、本来踏むべき確認作業を行わずに、作業を進めてしまう行為なども該当するのです。

3.ヒューマンエラーの要因分析と防止策の考え方
 ヒューマンエラーが起こったら、その要因を分析して対策を心掛けましょう。
 意図しないミスの場合は、具体的な対策をとらなければ意味がありません。
 なぜミスに至ったのかを調べ、ヒューマンエラーが起きた背景を洗い出すというのが大切です。
 企業や組織の場合、
 本当の原因を知る意味でも、現場や企業全体でヒューマンエラーに取り組む姿勢が大切です。

 ・ なぜ、ヒューマンエラーが起こるのか原因を把握しておけば、防止策を立てることができます。
   まずは、ヒューマンエラーになりそうな要素をなくすことが大切です。
 ・ 作業の中断(電話や休憩、別件の挿入)はないか?
 ・ 思考の中断 集中力散漫はないか?
 ・ 「無理解・理解していない・知識不足」「出来る・出来ないの齟齬(そご)」“誤認知”から起こるエラーはないか?
   注意喚起を促し、教育(自身の言動の見直し含む)を徹底する
 ・ 誤った判断で“判断”から起こるエラーはないか?
   間違い易いものはないか!? 間違え難いやり方を工夫する
   例えば
   色を変えるとか、場所を変えるとか(識別)、やり方を変えるとか最後の確認は別の人がやるとか
   今までのマンネリの打破とエラーポテンシャルの排除
 ・ 「勘違い」「思い込み」「故意」の“行動”から起こるエラーはないか?
 ・ チームワークやチームの協調
 ・ 次工程へ引き渡し時のエラーはないか? 危ないかも!?自覚と伝達
   後はやってくれるだろう 後はおまかせ 後は知らない
   自分の仕事に責任を持つこと お互いに確認し 確実なものを渡すこと

これらのことは 知識不足や状況認識の欠如(重大性の認識欠如)、甘さや思い込みによるエラー
 コミュニケーションやチームワーク不足も原因の一つ

ヒューマンエラーは、一人ひとりが意識して対策することが大切で
毎日繰り返される業務において、特にマンネリと油断が禁物です。



【クメール】
  「ヒューマンエラー」の 予防処置 その3へ 続く



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り 批判された人物の顛末

2017.03.10(00:01) 3447

【クメール】
  長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り 批判された人物の顛末
   <務台政務官>辞表提出 「長靴業界もうかった」引責



岩手県を視察した際 長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り 批判された人物。

  内閣府大臣政務官 それで顰蹙(ひんしゅく)を買い 少しは大人しくなったのかと思いきや

今度は「長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」と発言し またまた顰蹙

  ホントに懲りない人物 務台俊介氏

「政府が持つ長靴が整備されたと聞いている」という発言も 自前でとの感覚なしで

  世間一般の感覚と かなりずれているように感じる

「(おんぶという)国民におわびしなければならないことを、笑いのネタにするやり方は許せない」と

  与党内でも務台氏への批判が強まっていたとのこと

遅きに失する辞表提出

  務台俊介氏 消防庁防災課長の職歴があるのに 長靴を持参せず職員に背負わせて水たまりを渡るセンス等

人品(人柄と品性)そのものについて??がつくのだが…

  表街道のみ突っ走ったエリートの陥り易い落とし穴なのだろうか

長野県民も次回選挙では 再考された方がよろしいかと

昭和31年7月3日生 長野県衆議院議員 長野県第2区選出(当選2回)
学歴
昭和55年3月 東京大学法学部 卒業後 自治省(現総務省) 入省のエリート


学歴や職歴が幾ら立派でも 「人品骨柄(じんぴんこつがら)いやしからず」

  国会議員には そんな方になっていただきたいもの

今回の務台氏の言動は 軽薄▪軽率▪傲慢のそしりを受けてもやむ無しだろう


人様のことは 好きにのたまえるのだが

  先ずは 「人のふり見て我がふり直せ」

我が身にふり返り 不遜な言動が無いか

  一度立ち返り 反芻してみたい



◆ 以下 毎日新聞 3/9(木) 20:56配信

 務台俊介内閣府政務官(60)は9日、台風被災地視察に関連して「長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」と発言した責任を取り、松本純防災担当相に辞表を提出した。
10日の閣議で辞任を決めるとみられる。政府は後任に自民党の長坂康正衆院議員(59)を起用する調整に入った。

 務台氏は昨年9月に岩手県を視察した際、長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り、批判された。
これについて、8日夜に東京都内で開いた自身の政治資金パーティーで「政府が持つ長靴が整備されたと聞いている」などと述べた。

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、務台氏を厳重注意したことを明らかにし、「極めて不適切な発言だ。
真に反省しているのか疑われかねない」と強く批判した。
務台氏は辞表提出に先立ち、「自虐的な形で、自分をさげすむような言い方の裏返しとして引用した。
深く反省している」と記者団に語った。

 当初は「辞任するほどの話ではない」(首相官邸関係者)という見方があったが、公明党の漆原良夫中央幹事会会長が9日の会見で「(おんぶという)国民におわびしなければならないことを、笑いのネタにするやり方は許せない」と述べるなど、与党内でも務台氏への批判が強まっていた。
【飼手勇介、田中裕之】

 務台俊介内閣府政務官の発言要旨は次の通り。

 やはり一挙手一投足、しっかり細心の注意を払っていかなければならないと思っている。(岩手県の台風被害の被災地を昨年9月に視察した際に長靴を持参せず、職員に背負われて水たまりを渡った自らの対応が批判された後)政府が持つ長靴が、えらい整備されたと聞いている。
たぶん長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか。
今日のパーティーには長靴業界の方を呼んでいませんが、そういう方々にも来ていただくようになったらいい。

<9日の記者団への釈明>
 軽はずみな発言で、大いに反省している。
松本純防災担当相から厳しく指摘を受けて「申し訳ない」と言った。今の職責をしっかり果たしていく。
被災者の気持ちをないがしろにする考えはなかった。
(私)個人のパーティーなので、甘さがあったことは否めない。(共同)

  Copyright 毎日新聞



【クメール】
  長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り 批判された人物の顛末
   <務台政務官>辞表提出 「長靴業界もうかった」引責


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

失敗しても諦めないで 忍耐・辛抱も力量のひとつ

2017.02.09(00:01) 3384

【クメール】
  失敗しても諦めないで 忍耐・辛抱も力量のひとつ



焦らず慌てず やるべき事をする

  焦らず慌てず じっと待っているだけでは

やるべき事をしなければ 答えはなにも変わらない


失敗して 転んでも 負けても
 
  諦めさえしなければ 大丈夫

一から やり直せばいい
 
  やり直してダメなら
 
またもう一度 今度は一工夫して
 
  何度でも 何度でも やり直せばいい。
 
悪い時が重なっても 辛抱して
 
  いい時が 好機が いつか必ずやって来る
 
 
事を成した人は
 
  失敗を重ねても 諦めないで じっと次のチャンスを待っている
 
焦らず 慌てず 心配ばかりしないで
 
  その内 きっと 好機到来し

チャンスが必ず やって来る

    「待てば海路の日和あり」

時期が好転するのを 耐えて待つこと

  忍耐・辛抱力も 力量のひとつ

 

  【クメール】
    失敗しても諦めないで 忍耐・辛抱も力量のひとつ



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

『事故』

2016.10.18(00:01) 3289

【クメール】
  『事故』 



事故とは ゆえに事が起きる

  事が起きる所以(ゆえん)と書く

どんな事故にも

  必ず原因がある

原因があるから 結果がある(因果)

晴天の霹靂(へきれき)

  どうにもならない天災もあるが

自分で対策を打てることも沢山ある

事故とは

  起こるべくして起こると肝に銘じたい

なかでも

  命に関わる うっかりミスは絶対許されない

油断大敵

  『ヒューマンエラー』がそこに潜んでいる

卑近(ひきん)な例では

  アクセルとブレーキの踏み間違い

子供が近くにいて どこにいるのか確認せず

  車を動かして 轢いてしまう悲惨な事故が散見される

いつも行き慣れた交差点でのうっかりミス 前方不注意による事故等


ある日ある時

  私が学生の頃

通い慣れた道を考え事をしながら 自転車を走らせていた

  まあ車等殆ど通らない道だから 別に危なくないし どうってことない

すると突然に警笛が鳴ってびっくりした

  驚いて警笛の方を見ると

列車の機関士が自転車の私を見つけ 警笛を鳴らしたのだ

  いま考えてみると 砂利道だったので

じゃりじゃりと音を立てながら 轍に車輪を取られないように

  気を取られ 踏み切りの直前であったことも ついうっかり忘れていたのだと思う

警笛がなければ間違いなくあのまま踏み切りに突っ込んでいた

  あの警笛が無ければ

私は多分 もうとっくに この世とおさらばしていると思う…

  慣れの中に 油断の二文字有り

事故が起きてしまってから 慌てるのでは間に合わない

  事が起きる前に 手立てをすることこそ肝要

事故とは

   故に 事が起きる と 書く ご用心ご用心

  ご安全に



【クメール】
  『事故』 



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

善と悪が逆転することがあること

2016.09.05(00:01) 3235

【クメール】
  『善と悪』が逆転することがあること



人は行動に移す時、『善か悪か』判断して、行動している。
  これは善いこと。 あれは悪いことだからしてはいけない等。

判断基準は、世間常識であったり、法律であったり、場合によっては自分の尺度であったりする。
  『善と悪』はその時代背景や宗教や国の立場、違いによっても異なってくる。

「諸法実相」
  すべての存在に普遍的に存する,時間や空間を超越した絶対的真実。
諸法実相とは
  ものの本当の相(すがた)、あるがままのすがたを見ること
でも私達には、なかなか見えないのです。
  これを本当に見ることができるのは、智慧をそなえたみ仏であるといわれます。
私達は、本当の相(すがた)を見ないで、いつも『我欲』という色めがねをかけてものを見、
  目先の分別で区別したり、比較したりして、喜怒哀楽のとりこになり、ますます目を曇らせてものを見ています。

『善か悪か』の判断基準も自分視点での見方で 戦争の話しで例えると
  味方の国からすると、敵国に対する行為は全て『善』となる。
無差別攻撃の東京大空襲も原爆も戦争を終わらせる行為として是認されてしまう。
  「勝てば官軍、負ければ賊よ」
加害者であっても、勝った方が『善』で、負けた方は『悪』
  西部劇では、先住民のインディアンが野蛮な人殺しになってしまう。
常に勝者が歴史を刻む所以である。

人や国によって、判断基準が異なり、
  善であったものが悪であったり、悪であるものが善であったりする。

一般的に、自分に都合の『善い人=善』で、都合の『悪い人=悪』なのではなかろうか。
  また、相手によかれと思ってしたことが、迷惑行為になったり、恨みを買うことになったりするものである。

要らぬお節介はやめてくれと苦情を言われた経験はないだろうか。

卑近な例で言うと
  よそのブログで、私の専門に絡む話(品質・クレーム・サービス・CS等)が出て来た時に、
ついついアドバイスのつもりで口を出してしまうことが何度かあった。
  ところが、相手からすると、『要らぬお節介』であり、『知ったかぶり』だったりする。
つまりこちらは『善』の行為が、相手には『悪』の行為になってしまうのである。
  『悪』の行為=ふん!! 偉そうに!?なのである。

その時のこちらの行動の発露が、
  「それは間違いですよ」こちらは専門家だから「教えてあげましょう」
これでスイッチが入ってしまうと、後はろくな事にならない。(笑) 

よかれと思ってしたことが、相手によっては、『善と悪』が逆転すること。
  では何もしない方がよいのか…。
それでは、新たな『縁』は生まれない。

行動を起こしてはじめて『縁起』が生ずる。 「因縁生起」

純粋な行為は、いつか、こちらの思いが伝わるもの と信じよう。
  そこで本当の友を得ることが出来るのである。

『善と悪』が逆転することがあること。
  そのことを承知した上で、
真の友を得るための『篩(ふるい)』の場と考えてみては如何?
  怖気(おじけ)づかないで、怖がらないで
失敗したら、それが『経験となる』のだから。
  成功したら、『真の友を得る』ことが出来るのだから。



【クメール】
  『善と悪』が逆転することがあること


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

失敗しても

2016.08.26(00:01) 3234

【クメール】
  失敗しても



失敗とは
  思った通りにならなかったネガティブデータが
確認(蓄積)出来たこと

貴重なデータを積み上げていくと 成功の精度は上がり
  最後には成功(成果)が待っている

自由な精神とオリジナルな発想

いくら失敗しても 性懲りもなく
  懲りずに やり続ける
失敗を 怖がらないで

今度こそ
  成功するぞ
くじけず いじけず

成功するまで 続けるならば

  失敗は失敗ではなく 成功の一つのプロセス

失敗して途中で放り出すから
  失敗してしまったとなる

『失敗』と書いて
  『けいけん』と読むようにしたい

『けいけん』は 成功の一里塚



  【クメール】
     失敗しても


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

『人生で経験すること全てが正解』

2016.02.15(00:01) 3033

【クメール】
  『人生で経験すること全てが正解』



『人生で経験すること全てが正解』
  こんな考え方 なかなか出来ませんが
そんな風にプラス思考で考えられたら いいですね

でも、順調な時はいいのですが
  課題は、気持ちが沈み、落ち込んだ時
失敗したときや思わぬ不幸に見舞われたときには
  皆正解とは思えなくなってしまうものです

つまり、不幸なことや辛いことが起きた時に、
  『皆正解』と思えるかどうか!?
これは、実際にはなかなか難しい事だし 生身の私たちには悟りの世界に近い話しですね

失敗した時に 大切な経験をすることができた
  思わぬ不幸に遭遇した時に これだけで済んでよかった
色々な経験が積めて よかった
  そんな風に 如何に早く切り替え、気持ちを立ち直らせることが出来るか
これが課題だと思う次第

困難を乗り越え または 回避出来て 過去のことにして はじめて
  『皆正解』
と思えるのですね

要は
  『皆正解』と頭に刻んでも
アクシデントの時は頭が真っ白になり パニクって
  気持ちの整理がつかなくなる

その時に 不幸なことで幸せに気付かされる
  苦しいことで楽しいことに気付かされる
結果だけではなく プロセスの大切さに気付かされる

課題を克服していく
  プロセスを含め 結果論として『皆正解』と思えるところまで 克服していく

その腹づもりでないと 不幸が続けば『皆不幸』と思ってしまう

よって
  『皆正解である』ではなく 『皆正解にしていく』
克服の為のキーワードと考えてみたい

プラス思考の時には
  思わぬことが起きた時の心づもりをしておく
思わぬ落とし穴にも ご注意のほどを



  【クメール】
    『人生で経験すること全てが正解』



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

「マイナンバー、詐欺の標的…不審電話・訪問急増」 ⇒ 気を付けましょう

2015.11.25(00:01) 2950

【クメール】
  「マイナンバー、詐欺の標的…不審電話・訪問急増」 ⇒ 気を付けましょう



マイナンバー通知カードは来ましたか?

  我が家にも やっと通知が届きました

うっかりして 詐欺の標的になったら大変

  共通番号(マイナンバー)は絶対 失くさないように

不用意に 提示しないように気を付けましょう

  以下ご参考にどうぞ


◆読売新聞 11月24日(火)3時14分配信

 来年1月から利用が始まる共通番号(マイナンバー)制度に便乗した不審な電話や戸別訪問などが10月以降に急増し、各地の警察や消費生活センターに計200件を超す通報や相談が寄せられていることが分かった。

 高齢者をだまして現金や個人情報を得ようとする手口が大半で、「通知カード」の配達遅れへの不安につけ込んだケースも出てきたことから、警察庁は詐欺被害の拡大に警戒を強めている。

 同庁によると、マイナンバー法が施行された10月5日以降、全国の警察に寄せられた通報や相談は33都道府県で計133件に上った。不審な電話は105件、戸別訪問は16件、電子メールは9件、郵便によるものは3件だった。

 具体的な内容は、相手のマイナンバーや金融機関の口座番号、家族構成などの個人情報を聞き出そうとする手口が33件、「マイナンバーが流出している」などと情報流出をかたる手口が32件に上り、合わせて約半数を占めた。
.

【関連記事】
マイナンバー通知カード、配達率まだ25%
マイナンバー、対応を完了の企業は1割未満



【クメール】
  「マイナンバー、詐欺の標的…不審電話・訪問急増」 ⇒ 気を付けましょう


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

突然の逮捕にあわてないで下さい

2015.11.17(00:01) 2934

【クメール】
  突然の逮捕にあわてないで下さい



  私のメールに 突然タイトルのようなメールが送られてきました。

  逮捕 / 未払金 / 民事訴訟 / 差し押さえ / 執行手続き / 損害賠償請求権実行などの法的手続き

  こんな日頃聞き慣れないフレーズを並びたてられたら 誰でもびっくりするでしょう

  私も驚いて ついつい そんな馬鹿な!? メール返信しそうになりました

  でも 考えてみたら こんなこと全く心当たりがないし

  時々 びっくりメールが 飛び込んできて

  今回がはじめてではないし タイトルのように 別に慌てなくてもよい

  冷静に考えれば 俺おれ詐欺の類と分かるでしょう

  でも ついつい そんな馬鹿な!?とメール返信しそうになります

  URLはホントにクリックしたらやばいので 敢えて文字列を変えてあります

  あなたにもこんなメールが来たら慌てず 無視してください

  私は 迷惑メールとしてすぐドコモに報告しました

  それからは今のところ かかるメールは来ていません

  

◆ 突然の逮捕にあわてないで下さい。
貴殿と家族を守ります。
この度による滞納者リストから貴殿を確認しました。
我々は貴殿を助けるために,免除処理の依頼を代行します。
未払金を解決します。これにより,個人情報流出を防ぎます。
今すぐご依頼下さい。
詳細は下記よりご確認下さい。
http://a2t5.com/ ?akaNf1AGHhAoJ8hozYTqcozEuL28fZGRmZPj0Aj-_/AQHho2AiROxLhZMTIGH4hZmMT9Zhn

以下,請求元番組からのメールを記載しますので,ご参考下さい。
===============
このまま連絡がない場合は,法的手段への移行を行います。
具体的には,民事訴訟を直ちに提起し,
(1)貴殿が給与取得者であれば,勤務先からの給与債権を差し押さえる
(2)貴殿が個人事業主で,売掛金などの債権を取引先に有すれば,その債権を差し押さえる
(3)貴殿のご自宅が賃貸物件であれば敷金返還請求権を差し押さえる
(4)貴殿がご自宅を所有されていれば,その所有権を差し押さえた上で競売を申し立てる
(5)ご自宅内にある動産など,調査しうる範囲の貴殿の資産に対して執行手続きを申し立てる

以上により債権の回収を図ります。
===============
民事訴訟の提起は停止させることが可能です。
貴殿からの依頼が必要になりますので,上記URLからお知らせ下さい。


⇒突然の逮捕にあわてないで下さいの続きを読む
   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」その2

2015.04.22(00:01) 2717

【クメール】
  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」その2


  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と 失敗をしない仕掛け作り(フールプルーフ)

自宅や出先の駐車場等で 幼くも可愛い我が子を轢き殺す悲惨な事故が散見される
  又、最近は少なくなったが、サンルーフ車(開閉できる天窓付きの屋根)で
走行中子供が天井から身を乗り出して遊んでいるところを 車高ギリギリのガードをうっかりくぐってしまい
  我が子と友達の子供を即死させた事故があった
なんとも痛ましい事故。 何故そんな事故が起きたのか?
  どうすればよかったのか?

「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と 失敗をしない仕掛け作り(フールプルーフ=ポカよけ)の視点から考えてみよう

  - その1 からの続き ー

(3) 事故は『要因の連鎖』で起こる
  一つだけの要因では事故にならない
  複数の要因が重なって『要因の連鎖』となり事故を引き起こす
  例えば 駐車場での悲惨な事故は何故起きたのか?

 a). 駐車場の事故は運が悪かったからではない
  まず [車から離れる癖]を日頃からつけなかった
  サンルーフから顔を覗いて 死亡した事故も一緒
  全ては親が日頃から注意深く気を配り躾しなかった責任と心得よう
車を降りたら すぐに【車から離れる癖】をつけておけば 回避出来たかも…

 b). しかし【車から離れる癖】だけでは残念ながら全ての事故は回避出来ない
  何故なら世の中[思いがけない事]が起こるから
  例えば 車を降りた時に ハプニングやアクシデントが発生したら?
   例えば、ボールや毬(マリ)を子供が持っていたとしよう
  車を降りた時に ポロリと手から落っことしたら 当然の様に車の前後であれ
  タイヤの横や車の下にでも平気で潜っていくだろう
  又 犬や猫が突然現れたらそちらに心を奪われ 日頃の[躾]は吹っ飛んでしまうに違いない

車には必ず死角がある
  死角に予測不能の行動で子供がいるかも!?
それに気付かず (思いに至らず)車を発進させたら!?

結局 【視界に子供が入る迄は絶対発進させない】 と決めておくことで回避できる

 c). 『要因の連鎖』を断ち切る
  事故は複数の要因が重ならないと起こらない。
  先ず、a)で断ち切り b)で断ち切る。

人間にはエラー(失敗)がついてまわる(ヒューマンエラー)。
  エラーをするのが普通だと考えよう
だからこそ 事故の要因 ポテンシャルを一つずつ 丁寧に潰しておく習慣を
  日々の中で培うことが大切 ⇒ [予防処置]
万一 確認洩れを一つ起こしても 次の策 次善の策でガードが掛かり事故から回避出来る

 d). 大切な動作は【指差し呼称】で
  人目が気になるなら 目で確認しながらやるとよい
  一つ 子供達は!? あっあそこにいた!! 確認 よし!!

  具体的には 子供が安全圏内に移動したら 声を掛けさせる様にしたら どうだろう
  「もういいよ~♪」 かくれんぼの遊び感覚で声を掛けさせるのである(実際に我が家ではそうして躾けていた)
  一つ 周囲に障害物はないか!? 確認 よし!!
  一つ シフトはバックギヤか!? 確認 よし!!
  こんな感じである

でも偉そうに言っている私も 子供達が視野に入った事を確認せず発進した事が数度ある
  理由は 凄い雨だったり 他に気になることがあったりしたからだが
人間は思考が遮断されたり 思わぬ自体が発生すると ついうっかりとやってしまうものである
  外乱が掛かると エラーポテンシャル(失敗の可能性)が高くなる

お蔭様でついうっかり動かした時は 子供達が避難していたので大事に至らなくてよかった
 ヒューマンエラーの 主な要因の一つは 『思考の中断』である

『思考の中断』とは
  電話による中断や 一服したり 声を掛けられ作業中断した場合や 他にあらぬ事を考えている時に発生する

『思考中断』の作業再開時には 指差し呼称する等確認チェックを行ってから 作業を始めるとエラーを防げる


PS
我が家の2階に上がって あれっ!? 何しに来たっけ!?
  ヒューマンエラーの前に ボケのはじまりか!?
やる事自身を忘れてしまうこと多々あり…(*_*)とほほ


【クメール】
  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」その2 完


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


タイトル画像

「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」

2015.04.21(00:01) 2716

【クメール】
  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」



  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と 失敗をしない仕掛け作り(フールプルーフ)

自宅や出先の駐車場等で 幼くも可愛い我が子を轢き殺す悲惨な事故が散見される
  又、最近は少なくなったが、サンルーフ車(開閉できる天窓付きの屋根)で
走行中子供が天井から身を乗り出して遊んでいるところを 車高ギリギリのガードをうっかりくぐってしまい
  我が子と友達の子供を即死させた事故があった
なんとも痛ましい事故。 何故そんな事故が起きたのか?
  どうすればよかったのか?

「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と 失敗をしない仕掛け作り(フールプルーフ=ポカよけ)の視点から考えてみよう

(1) まず第一に 日頃からの『子供の躾』である
  駐車場での話は
  車から降りたら すぐに【車から離れる癖】を小さい頃から躾けていなかったことによる
  サンルーフなら 走行中は絶対身体を車外に出させない
  命に関わることに遠慮は無用 ⇒ 日頃からの 厳しいしつけ
  「〇〇チャン駄目よ!!危ないからね そんな猫撫で声で 子供が言うことを聞く筈がない」

  好奇心盛りの子供は 興味津々 感じるまま 目につくままに 自由奔放 意のまま思いつくままに行動する
  そこは危ない 危険だよと 優しい言葉で教えても 聴く筈もない
  頭だけでは駄目 身体で覚えさせる事が肝要
  必ずその場で!! 後からではNG

  躾 → 習慣化し 身につく迄何度でも
  『事故は瞬間 後悔は一生』 後悔先に立たず

命に関わる事柄は 「肝に銘じて」 身体で覚えさせ 体得させる事が基本
  他にも コンセントにフォークを突っ込んで感電したり アッチッチのヤカンや鍋に
手を突っ込み(又はひっくり返し) 大火傷を負う等の事故が後を絶たない
  近付いたら手酷い目に遭うことを子供自身に体感させることが肝要
実際に火傷させる訳にはいかないので 手を近づけさせたら熱さを実感し危ないことを本能でキャッチする
  自分で熱い目に遭えば これは危ないと体得し 自分から身を守る本能が働き二度と近づかなくなる
だめよ!! 優しい声で言ってもまず言うことを聞かないと知ろう
  熱いか熱くないか ほらやってごらん!! 逆に勧めてみると 子供は警戒するもの

最近の子供は自然に触れる機会が少ない
  原体験しないと 言葉だけでは なかなか身につかず 有効な躾とはならない。
その事を肝に銘じておきたい

(2) 駐車場の話しを続けると
  次に大切な事は 子供が車から降りて【死角から視界に入る迄は絶対に車を動かさない】こと
  子供が安全な場所に居ることを確認して 始めて車を動かす
  これは絶対条件と心得よう
  これも毎回癖を付け 習慣化させる
  ちょっとした うっかりミスが命取りになる

[注意一秒 怪我一生]

『怪我』とは 我を怪しむと書く
  次の工程に移る時は 我を怪しみ チェックを怠らない


【クメール】
  「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」その2 へ 続く



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


失敗 ミス
  1. ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その2  ≪我が身を省みて≫(07/28)
  2. ああでもない こうでもない 迷うな 悩むな いじけるな その1  ≪我が身を省みて≫(07/26)
  3. 伝えるだけではなくて 伝わったかどうか(06/30)
  4. 『嘘は未来を暗くする』 その2(06/21)
  5. 『クイを打つ クイを残す 八つのクイ』(05/16)
  6. 『善も悪 悪も善になる』 その2(05/09)
  7. ヒヤリ・ハット(03/24)
  8. ヒューマンエラーを防ぐ為のチェックシート(03/23)
  9. 「ヒューマンエラー」の 予防処置 その3(03/22)
  10. 「ヒューマンエラー」の要因分析と防止策の考え方 その2(03/21)
  11. 長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り 批判された人物の顛末(03/10)
  12. 失敗しても諦めないで 忍耐・辛抱も力量のひとつ(02/09)
  13. 『事故』(10/18)
  14. 善と悪が逆転することがあること(09/05)
  15. 失敗しても(08/26)
  16. 『人生で経験すること全てが正解』(02/15)
  17. 「マイナンバー、詐欺の標的…不審電話・訪問急増」 ⇒ 気を付けましょう(11/25)
  18. 突然の逮捕にあわてないで下さい(11/17)
  19. 「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」その2(04/22)
  20. 「ヒューマンエラー(人的エラー) 」と「予防処置」(04/21)
次のページ
次のページ