【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

冬至 柚子湯 (とうじゆずゆ)

2015.12.23(00:01) 2983

【クメール】
  『命の洗濯』 冬至 柚子湯 (とうじゆずゆ)



冬至には柚子湯 (ゆずゆ)で 温もりましょう

冬至は 「一陽来復(いちようらいふく)」の日

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えます。
そこで、冬至のことを陰が極まり再び陽にかえる日という意の
「一陽来復(いちようらいふく)」といい
この日を境に運も上昇するとされています。
また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという意味もあります。
昔は冬至を1年のはじまりとしていた時代もあるそうで、冬至に未来への希望をつないだのでしょう。

tsBEM12798.jpg



柚子湯 (ゆずゆ)の由来

本来は、運を呼びこむ前に体を清めて厄払いするための禊(みそぎ)です。
  昔は毎日入浴する習慣がなかったので、「一陽来復」にそなえて身を清めていたのでしょう。
現代でも、新年や大切な儀式に際して入浴する風習がありますね。
昔から、強い香りがする植物で邪気をはらう風習がありますが(端午の節句の菖蒲湯など)、冬が旬のゆずは香りも強く、邪気ばらいにぴったりです。

ゆず湯には、ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せもあります。
  ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないといわれています。
ゆずには血行を促進して冷え性を和らげたり、体を温めて風邪を予防する働きがあり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。
さらに、香りによるリラックス効果もあるため、元気に冬を越すためにも大いに役立つそうです。
まあ気分の問題だと思いますが 一つの季節の区切りとして どうぞ(^^)v

tsBEM12809.jpg


丸ごとお風呂へ
沢山入れて温もりましょう。

  ≪以上情報 : http://kids.goo.ne.jp/parent/seasonevent/touji/detail_01.html より≫


  【クメール】
    『命の洗濯』 冬至 柚子湯 (とうじゆずゆ)


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<『命の洗濯』 パン屋のサンタさん カボチャのケーキ | ホームへ | 「信」じること>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/2983-db95beaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)