【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

働かない働きアリのお陰で 集団存続出来る

2016.02.22(00:01) 3039

【クメール】
  働かない働きアリのお陰で 集団存続出来る



よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが働き始めるという。
  勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で働けなくなって
コロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

働かないアリがいざという時に 働き出す
  働きアリばっかりだけでは滅びてしまう
働かないアリは集団存続に必要
  どうもいざという時の マージン 余裕シロという感じですね

この話 酔っ払い同士の仲良しにも よく似ている
  片方がべろんべろんに酔っ払うと もう一人がシャキン!!となる
これは一人が倒れたら本能的に片方が自分がちゃんと守らなければ!!
  私の経験を振り返ってみても 思い当たることが沢山ある
命を護る手段 本能的に 身についているのでしょう

でもこれを 人間社会に そのまま当てはめるのは危険
  なぜなら スキルやノウハウ 生きる知恵は 蓄積で 磨かれていくもの

働かないアリの功罪
  これからは 働かないアリを見ても
一方的なものの見方をするのはやめにしよう



◆以下 毎日新聞 より ◆
毎日新聞2016年2月16日 19時54分(最終更新 2月16日 20時58分)

北海道大などの研究チームが発表

 コロニー(集団)の中に必ず2〜3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。
仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

 自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまう。
チームは日本全国に生息するシワクシケアリを飼育し、1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察。
最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

 さらに、コンピューターシミュレーションで、1コロニー75匹の働きアリが全て同じようによく働き、疲れがたまるペースも一緒のケースと、働き度合いがばらばらのケースを比較。
勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

 チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。
人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話す。【大場あい】

◆以上 毎日新聞 より ◆



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<生き活き生きる「道標」になれば… ≪7年連続(2555日)投稿記念≫ | ホームへ | 『命の洗濯』 故郷の幼き日の想い出 今再び>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3039-76fb1c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)