【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

『伯父との想い出』 その1  「怖がり」

2016.03.28(00:01) 3074

【クメール】
  『伯父との想い出』 その1  「怖がり」



小学校行く前の幼少の頃 今は昔の話

どこにどんな用事で行くことになったのか覚えていないが
  伯父(母の兄)に連れられ 列車に乗ることになった
定刻間際 時間ギリギリだったのだろう
  ホームに行ったら 列車が動き出した
大変だ!! 直ぐに乗るぞ!!
  そう言いながら 伯父はさっと列車に飛び乗った
当時の列車は 走り出しても 自動では閉まらない
  さあ 何をしている!! 早く飛び乗りなさい!!
催促されても 幼少の私は 足がすくんで 列車に飛び乗ることが出来なかった
  停車している列車でも 隙間があって 乗るのが怖いのに、、、
もたもたしていると 列車は当然加速していく
  怖くて足をバタバタさせたが
伯父は早く飛び乗りなさい!! 何をしている!!と言うだけだ

今考えてみると 伯父は荷物を手に持っていたのかも知れない
  その状況を傍で見ていた見知らぬオジサンが 列車を飛び降りて
私を抱えて列車にさっと乗せてくれた
  間髪いれず一瞬の見事な対応だった
どうもありがとう
  伯父は見知らぬオジサンにお礼を言いながら
それにしても
  何故列車に 乗れなっかたんだ!? この子は、、、!?
不思議そうに 私に言うでもなく呟いた

当時 幼子の私が列車に乗る機会などある筈もなく
  ましてや 動き出した列車に乗ることなど 怖くて出来なかったのだが
そんな心の不安が 伯父には全く理解できない!?
  そんな仕草をしていた
伯父に連れられどこかに行くこと等 ほとんどなかったので
  怖かった思い出だけしか記憶に残らなかったのは
寂しいことだった

それから時が流れ
  そんな私も大人になり 故郷を離れ 伯父も同じく年を重ねていった
流れていく季節の一頁の中で いつだったか 九州の実家に帰省したことがあった
  伯父も山口の大島から 九州の実家に帰って来た

伯父の記憶はとにかく飲兵衛だったこと
  伯父と私との重なる思い出など それ以来  殆んど記憶にない
久々の再会だったし なかなか会えないこともあり お袋と伯父(母の兄)を 夜の食事に誘った
  もしかしたら 伯父との思い出もこれが最期の機会になるかもしれない
そんな予感(不安)が ふっと頭を過(よぎ)った所為でもあるのだろう

伯父は豪放磊落(ごうほうらいらく=明るく陽気・物事に頓着しない性格)の大酒飲み
  次兄とよく似ている
その分 伯父は 次兄を 自分によく似た可愛い甥っ子だと思ってか
  よく可愛がっていた
その分私への可愛がり方は希薄になる
  また 当時の私は 酒は好きではなかったし 飲み会も嫌いだった
なので酔っぱらいの叔父と一緒に会食し
  自ら 酒を酌み交わすなど思いもよらないことだった


『伯父との想い出』 その2 「想い出作り」 へ 続く

 【クメール】
  『伯父との想い出』 その1  「怖がり」


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<一浪で受験中 二浪しても どうしても行きたい大学 | ホームへ | 『命の洗濯』 「中之島公会堂」 春を ウォークする~♪>>
コメント
りら さん
コメントありがとうございます

時が流れた時に

ああすればよかった こうすればよかった

いつも 反省しきりです m(_ _)m

肉親であっても 他人であっても

人の縁(えにし) 大切にしたいと思います

りら さん
いつもありがとうございます。


> クメゼミ塾長さん
> 肉親への想いを語られていますね
> 思い出 また 聞かせて下さいね
【2016/03/28 20:29】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

肉親への想いを語られていますね
思い出 また 聞かせて下さいね
【2016/03/28 06:00】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3074-d72f8c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)