【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

『忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)』 耐え忍び 心が動かされない徳を積むこと

2016.04.06(00:01) 3082

【クメール】
   『忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)』 耐え忍び 心が動かされない徳を積むこと



耐え忍び 心が動かされない徳を積むことを = 「忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)」と言う。
  日本の教育や社会道徳では
『他人に迷惑を掛けないようにすること』 このように教えられている。
  だが逆に考えてみれば 他人様や世の中に迷惑を掛けないで生きていく事など 不可能なことではないか?
生きていく為には生きとし生けるものを食し(殺し) 排泄は勿論のこと 多少の環境汚染はやむを得ず
  他人様(競合他社)との競争などせざるを得ず それに打ち勝って這い上がっていかなければ生きていけない。
つまり 日本のこの社会の中で 他人様や他の生きとし生けるものに迷惑を掛けずに生きていく事など不可能であろう。
  ちょっと移動するだけで 車 電車 バス等利用するだろうし 間違いなく環境汚染を助長してしまう。
一人いなくなれば 就職口が一人分助かるだろうし 一人分の食い扶持(ブチ)を確保出来ることになる。
  つまり この世に生きている限りは 『他人や世の中に大なり小なり 迷惑を掛けてしまうもの』。
生きているだけで 世の中や他人様に迷惑を掛けているということに自分自身気づけば
  そう思えたら 人や周りのものに 心から感謝し 接することが出来るようになるのではないかと思う。

「忍辱(にんにく)」とは
  忍耐と同じで いかなる困難な状況を与えられようとも耐え忍ぶこと。
人から貶(おとし)められたり 侮辱を受けても決して怒らず我慢をすること。
  また 逆に人から賞賛されたとしても 決して鼻にかけたり 有頂天にならないこと。

「忍辱(にんにく)」とは、ただ耐えればよいというものではなくて
  全ての人に具わっている仏性(仏の境地に達することができる性質、心)を敬い 礼拝することでもある。
なので たとえ怨讐(おんしゅう)の仇敵だとしても
  「自分を仏の境地に達するように導いてくれる仏なのだ」と心から信じれば救いの道は啓けてくる。

仏性を敬い 礼拝するとは
  誰かに罵倒され 攻撃を受けた時
それに対し激しくやり返していた自分が ある日反撃をやめて
  「言い争いして相手が悪いと思っていたことを よく振り返ってみると自分に非があったこと。
  それを自省し 申し訳なく そのことを教えてもらったあなたに心から感謝m(_ _)m」。

まあ 現実は感情が先に出て なかなか難しいと思うが ホントに実践できたなら
  相手も 「いや、・・・ごめん、こっちも悪かった。
カッとなって  こちらこそごめんm(_ _)m」
  と 仲直りしやすくなるものだと思う次第。
そんなことがあった後は 「雨降って地固まる」
  犬猿の仲が いつか 善き協力者 よき友になってくれるかも…。

とかく人は 自分を棚に上げて すぐに相手の所為にしてしまうもの。
  しかし この世が全て相互依存し成立しているのであるのだから
自分が変われば 相手も変わり得るものだと 信じて行動すること。
  相手の攻撃やいい分を 自分の反省としてみれば 自分を見つめ直し
結果において 相手の仏性を引き出すことができる。
  これが自分の救いともなり 功徳となる。

まあ 言うのは簡単で それを実践することは 至難なこと。
  もし実践しても 現実は ところがどっこい!!
大概は なかなか上手くいかない そう思った方がよい。

なので 「忍辱(にんにく)」
  いかなる困難な状況を与えられようとも耐え忍ぶこと。

忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)=六波羅蜜の第三。
  耐え忍び 心が動かされない徳を積むこと
心が動かされないという完全な徳。

やるだけのことをやって それでもうまくいかなかったら 仕方ない
  まあ人生そんなもん

凡夫の私たちには 心が動かされない完全な徳等 到底及びもつかないことだろう。
  でも近付けるように努力することは誰でも出来る。
他人様や生きとし生けるもの全てに 迷惑を掛けていること
  自分がそのお陰で 今を生きている事
そのことを 改めて自覚し 感謝することで
  耐え忍び ⇒ 辛抱が ⇒ 辛くて苦しいだけの 苦労ではなくなる
そんな心境に 一歩でも半歩でも 近づけるのではと思う次第。


  【クメール】
     『忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)』 耐え忍び 心が動かされない徳を積むこと


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<自慢話 | ホームへ | 自分に出来ないことに こだわるな>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

「忍辱波羅蜜」
耐え忍び 心が動かされない徳を積むこと

自分を見つめ直し その結果
相手の仏性を引き出すことができれば
これが自分の救いともなる。
まあ 言うのは簡単で それを実践し まして継続は 至難なこと。
もし実践出来ても 現実は ところがどっこい!!
大概は なかなか上手くいかないもの。

りらさん
人生 疲れますね
でも そんななかでも 心が通い合った時
人の心は 救われるでしょう
耐え忍ぶではなくて コミュニケーションを エンジョイ出来たらと思います
いつもありがとうございます。 


> クメゼミ塾長さん
> 忍辱波羅蜜
> この言葉の真の意味を分かりやすく教えて下さり 感謝しています
> 有難う御座います
【2016/04/07 22:46】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

忍辱波羅蜜
この言葉の真の意味を分かりやすく教えて下さり 感謝しています
有難う御座います
【2016/04/07 20:31】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3082-598ae82a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)