【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

「覚悟すること」

2016.04.21(00:01) 3097

【クメール】
  「覚悟すること」



いざとなれば 覚悟する
  まあ 大概は簡単には 覚悟など出来ないもの

覚悟など出来ない!! 出来ない出来ないと嘆いてるあなた
  「一心不乱」になっていますか!?
最後の最期 とどのつまり
  覚悟せざるを得なくなる状況になってしまえば 案外あきらめて開き直れるもの
逃げ道がなくなれば 他人の所為になどしないし 出来ないもの
   「一心不乱」になれば 恐怖も遠退き 出来るところまで やり抜こうとする
覚悟してしまえば 結果は恐れないし 大変でも頑張れる。

覚悟するとは 「背水の陣」
  自分で 選択肢を失くし 自分の逃げ場を失くすこと。


「逃げ場がなくなれば 窮鼠猫を噛む」
  「火事場の馬鹿力」

人生 誰でも 自分の人生からは 逃れられない。
  「他人に任せず 自分で道を選び切り拓く」
そんな潔さこそが
  自分の人生 納得できる生きる根本となるはず。

好奇心や やりたいこと
  「好きなこと」
「やりたいこと」
  「楽しそうだったから」
行動の理由はそれで十分。
  動機は シンプルでOK あとは継続のエネルギー。
大切なこと 最後の決め打ちは 自分の責任で 決めよう
  他人に任せたら 人の所為にしたり 後悔したり、、、。

ごちゃごちゃ 理屈っぽい理由など不要。
  大切なことは 決断すること!! 勇気を持って行動すること!!
わき見をしないで これ一本に絞る
  最後は 覚悟すること そうなれば もう 逃げ隠れしない 出来ない。

ジタバタしたり 地団太踏んだり
  うろたえたり おろおろしたり
全てはそのことから 逃げようとしている証し

そこで 「背水の陣」
  自分で逃げ場をなくして ことにあたる
当たって砕けろ さすれば 自ずと道は開けてくる

但し思いつきや 無謀 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)は駄目
  やるときは 逃げ隠れしない心構えで 備えること
踏ん切りつけて 覚悟を 決めてしまおう!! そう 大丈夫!!だいじょうぶ!!
  「案ずるより産むが易し」
大したことない 命まで捕られない 多分ね
  まあ 命捕られても たった一度だけ 二度はないから 心配ご無用

  前のめりになって 煩悩をはじき出して
逃げ場を失くし 前へと突き進めば
  物事は 陽へ陽へと 陽転する
「陽転」すると信じて そこが「要点」!!
  意気揚々と ♪~g(^へ^g)ファイト~♪

セルモーターのスターターと同じ
  最初の起動時だけ 大きなエネルギーが必要
最初の起動さえ出来れば
  全てのことは 前へ前へと 動き始める。
さあ 覚悟して!!



  【クメール】
    「覚悟すること」



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<旅行先で 乗客を置いてきぼり | ホームへ | 思い通りにならない苦しみ 『求不得苦(ぐふとくく)』>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

『覚悟すること』
言うのは簡単ですが なかなか 踏ん切りはつきませんよね
でも そんな心掛けをしているだけで
随分と気持ちが変わるものです

りらさん
自在な心 人生エンジョイしましょう
いつもありがとうございます


> クメゼミ塾長さん
> さあ 覚悟して!!
> その一言
> 心に深く刻みました
【2016/04/22 01:06】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長さん

さあ 覚悟して!!

その一言
心に深く刻みました
【2016/04/21 20:15】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3097-d6e50ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)