【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

真田幸村 本懐の死    「男の生き甲斐」 戦国武士は戦場でこそ生の実感を得る その1

2016.07.27(00:01) 3198

【クメール】
  真田幸村 本懐の死
   「男の生き甲斐」 戦国武士は戦場でこそ生の実感を得る その1



真田幸村
  真田昌幸の次男
幸村34歳の時、父昌幸と共に関ヶ原の戦いに参戦しようとする圧倒的多数の徳川秀忠の軍(東軍=徳川主力)を
  居城上田城で迎え撃ち、痛手を与え、関ヶ原の戦いに遅参させる功を上げた

『九度山に幽閉14年』
  だが西軍(豊臣)は負け、父昌幸と共に上田から和歌山の九度山に幽閉(蟄居)された
なんと 34歳~48歳迄の14年間もの間 一番の働き盛りに和歌山で無為に過ごした

当時の武士は
  25歳で生き過ぎたと
そのほぼ2倍も生きてしまった

領地を没収されて日々の食いぶちに困る暮らし
  父昌幸が我が子(幸村の兄)へ無心した手紙
40両の内、残り20両もすぐ欲しい
  5両でも6両でも貰えれば嬉しい
親族だけでは足らず地元の九度山の人々からも援助を受けた

14年の間に父昌幸は64歳で生涯を閉じた
  幸村もこのまま朽ち果てていくのか…
幸村幽閉から11年、故郷へ送った手紙には
  年をとったことが口惜しい
去年から急に年をとり病の身に
  歯が抜け、ヒゲも白くなって…云々

50人近くの家来家族を養うのに幸村も苦労した
  幸村の知人に宛てた手紙には
焼酎をまたこの坪に詰めて欲しい
  坪からこぼれないように口をしっかり締め、その上に紙を張ってください
幸村のヒューマンで質素な生活が偲ばれる手紙である

『大阪冬の陣』
  幸村幽閉から14年
まさに身も心も朽ち果てるかと思った年(48歳)になって、豊臣に力を貸し徳川と戦って欲しい
  天下分け目の戦『大阪冬の陣』が起きた(1614年)
真田幸村に、戦国武将として活躍の場が、突然に訪れた
  絶好の好機
人生最期の生涯の全てを掛けた七ヶ月が始まった

真田家家紋は『六文銭』
  六文銭は冥土への三途の川の渡し賃
全てに死ぬ気で臨む、命を懸ける覚悟の旗印

大阪冬の陣(1614年)で敵陣の最前線に真田丸(大阪城の出城)を築き圧倒的優位の徳川軍を翻弄した
  真田軍5千に対し徳川軍3万
敵を巧みに誘い込み引き寄せ一気に叩く

冬の陣で討ち死にした徳川軍の実に8割が真田丸での死者という

48歳まで生きて名を挙げた幸村

さあ いよいよ大阪夏の陣(1615年)へ

  幸村の活躍は続く



【クメール】
  真田幸村 本懐の死
   「男の生き甲斐」 戦国武士は戦場でこそ生の実感を得る その2へ続く



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<真田幸村 本懐の死    「男の生き甲斐」 戦国武士は戦場でこそ生の実感を得る その2 | ホームへ | ありふれた日々の中で>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます
幸村幽閉14年
まさに身も心も朽ち果てるかと思った年(48歳)になって
人生最期の生涯の全てを掛けた七ヶ月間
歴史に残る名将と謳われる活躍したのは
わずか一年も無かったのですね

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」

りらさん
今この一瞬を輝いて納得の人生にしていきたいと思います
いつもありがとうございます。


◇クメゼミ塾長様
34歳~48歳迄の14年間もの間に渡っていたのですね
興味深いお話しが一杯でした
明日も楽しみにしていますね
りら
【2016/07/28 02:10】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長様

34歳~48歳迄の14年間もの間に渡っていたのですね
興味深いお話しが一杯でした
明日も楽しみにしていますね
【2016/07/27 20:36】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3198-192611b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)