【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

『九死に一生』

2016.10.07(00:01) 3279

【クメール】
  『九死に一生』



JR宝塚線(福知山線)脱線事故から 11年半
   2005年4月25日午前9時18分ごろ 兵庫県尼崎市で走行中の快速電車が
制限速度を超えて急カーブに進入し脱線。
  乗客106人と運転士が死亡 562人が負傷した。

友人のYさんの話。
  あ-!! 電車のドアが閉まるー!!
慌てて 駅の階段を思いっきり駆け降りた。
  カンカンカンカン!!!
階段に響く足音。。。
  階段は電車の先頭車両の位置にあった。
その足音を聞いた電車の運転士。
  扉を閉めずに待っていてくれた。
飛び乗った途端にドアは閉まった。
  ふー!! セーフ よかった、、、

もしこの電車に乗り損なっていたら…。

次の電車は…。
  なんと!? 死者107名が死亡したJR西日本宝塚線脱線事故のあの電車だった。
それも先頭車両に乗車。
  まさに「九死に一生を得る。」
待っててくれた運転士は命の恩人。
  命を分けた十数秒。

私は何気なくテレビを観ていて
  テロップでJR西日本宝塚線の大事故を知った。
その瞬間 ハッとした。
  Yさんの通勤路線で時間帯がピッタリ合うではないか!?
まさか!?
  すぐ勤め先の店に電話してみた。
Y店長はお店に来られていますか!?
  ただならぬ気配に驚いたのか
「はっはい 只今朝礼中で…m(_ _)m
  電話の主はうろたえて答えた。」

私の聞きたいことは Y店長が出勤されているかどうかです。

「はっはい 只今朝礼をやられていますが…!?」
  電話の主は意味が分からず 訝(いぶか)しげに答えた。

あっそう そうですか それはよかった…ならもういいです。
  ありがとう。
「はっはい よろしいですか?? どっどうも…。」
  理由を告げずに電話を切った。

電話を掛けた時には まだ殆んど情報は入っていなかったのだろう
  電話の主は訳が分からぬ様子だった。
情報が入ってからは 大騒ぎになったのは当然のことである。

階段を諦めずに駆け降りたこと。
  それを聞いた運転士が たまたま待っていてくれたこと。
運命の糸車は幸運へと導いてくれたのだった。
  ホントにラッキーだったとしか言いようがない。
お陰で宝塚の脱線事故の電車に乗らずに済んだ。
  後でYさんに聞いた話しだったが 間一髪だったのだ。

もう二度と先頭車両には乗らないようにね。
  はい
返事はよかったが 後日確認したらまだ先頭車両に乗ってるとのこと。
  なんとまあ!! 性懲りもなくというか 喉元過ぎれば…なんとやら。
懲りないなあ、、(゚ω゚!?)

運命の糸車が幸運へと巻き取ってくれるように
  日頃からアクシデントの芽を摘んでおきたい。
そして
  事故や地震等 天災や人災がいつどこで起きるやら分からない。
行き先や所在は家族に伝える等日頃から心がけていたいもの。
  私は緊急時のいざという時の安否連絡は携帯・メール・LINE等SNSだと思っている。
携帯の予備電池を常時3個携帯しタブレットも大きな予備電池を常時携帯している。
  携帯もタブレットもTV付きだ
これまでも、地震や水害、台風、新幹線の閉じ込め事故等エマージェンシーで大活躍してくれている。
  転ばぬ先の杖。
いざという時の為のご用心を。

えっ、脱線電車に乗ってしまったら
  どうすればいいかって?
そのときは…。
  運を天に任せて…。
『あきらめる。 お任せしましょう。』
  人の力ではどうにもならぬことを怯えおののいて
不安になって悩んでもしょうがないですね。



  【クメール】
    『九死に一生』


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<『命の洗濯』 ぼってり桜餅 | ホームへ | 頑張って 根を詰めていませんか? その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3279-c4b8d4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)