【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

『事故』

2016.10.18(00:01) 3289

【クメール】
  『事故』 



事故とは ゆえに事が起きる

  事が起きる所以(ゆえん)と書く

どんな事故にも

  必ず原因がある

原因があるから 結果がある(因果)

晴天の霹靂(へきれき)

  どうにもならない天災もあるが

自分で対策を打てることも沢山ある

事故とは

  起こるべくして起こると肝に銘じたい

なかでも

  命に関わる うっかりミスは絶対許されない

油断大敵

  『ヒューマンエラー』がそこに潜んでいる

卑近(ひきん)な例では

  アクセルとブレーキの踏み間違い

子供が近くにいて どこにいるのか確認せず

  車を動かして 轢いてしまう悲惨な事故が散見される

いつも行き慣れた交差点でのうっかりミス 前方不注意による事故等


ある日ある時

  私が学生の頃

通い慣れた道を考え事をしながら 自転車を走らせていた

  まあ車等殆ど通らない道だから 別に危なくないし どうってことない

すると突然に警笛が鳴ってびっくりした

  驚いて警笛の方を見ると

列車の機関士が自転車の私を見つけ 警笛を鳴らしたのだ

  いま考えてみると 砂利道だったので

じゃりじゃりと音を立てながら 轍に車輪を取られないように

  気を取られ 踏み切りの直前であったことも ついうっかり忘れていたのだと思う

警笛がなければ間違いなくあのまま踏み切りに突っ込んでいた

  あの警笛が無ければ

私は多分 もうとっくに この世とおさらばしていると思う…

  慣れの中に 油断の二文字有り

事故が起きてしまってから 慌てるのでは間に合わない

  事が起きる前に 手立てをすることこそ肝要

事故とは

   故に 事が起きる と 書く ご用心ご用心

  ご安全に



【クメール】
  『事故』 



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<酔っぱらいは思ったことを言う? いえ思い付いた言葉を吐くものです | ホームへ | 『事例研究』考えてみよう 頼み難い人との接し方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3289-c3ae1423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)