【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

【主治医の見つけ方】⇒ 医者シリーズ-2

2009.03.21(11:12) 330

【クメール】
【主治医の見つけ方】⇒ 医者シリーズ-2
 救急車のたらい回しによる救急患者の死亡事故が問題になっている
医者不足や救急対応の出来ない病院が増えている
自分の身は自分で守る
自分の掛かり付けの病院、主治医(ホームドクター)を決めて、日頃からコンタクトしておけば、かかる事態にはならなかったのでは
「もう外来は終わりました。救急医療も行っておりません」と断られる
勿論病状によりホームドクターが全て救急医療を出来る訳ではないが
ところが、掛かり付けの病院や主治医を決めて日頃からコンタクトをしていると、診療時間外でも案外融通を利かせてくれるものである
「いつもお世話になっている○○ですけど、急に腹部が激痛になり何とかして欲しいのですが」
「あ~○○さんですね、夜間診療はやっていませんが、ちょっとお待ち下さい」とか言って案外無理を聞いてくれるもの
そんな事が再三あって助かった経験がある
この場合、入院病棟があると当直医が必ずいるので何とかしてくれる場合が多い。
だからこそ、かかる緊急事態の為に日頃から病院や主治医と懇意にしておかないと、門前払いをくらい、救急病院へどうぞ、とあしらわれる
私の場合、近所の主治医、何でも相談出来る遠方の主治医(クリニックのT院長)と二人の主治医を持っている

患者の心迄診てくれる。そんな医師に自分の身体を託したい
でもそんな医者は自分の傍には居ない
確かにそうかも…でもそんな簡単に諦めないで
ここで言いたいことは、意識して自分の主治医を探す努力をすること
患者の気持ちになってくれる、いい先生を見つけたら自分の主治医になってもらう努力をすること
私の二人の主治医(東京も入れたら3人)とも何となくそうなった訳ではない
主治医に是非お願いしたい、と努力して得た成果なのである
誰でも病気になる可能性はあり、色々体調のことで気になることもある
そんな時、身内の様に主治医がサポートしてくれたらどれだけ心強いか
【主治医の要請の仕方】⇒先生がその気になってくれるために
これは!という医者を見つけたら、自分で勝手に主治医はこの先生、と決めるのである
それを診察の時に先生にはっきり伝えてみよう
私の主治医は○○先生と決めました。よろしくお願いします
その時のポイントは、先生が納得出来る理由をハッキリ伝えること
先生の心の琴線に触れれば誰でも、ヨッシャ!主治医になったる!となるのでは
では、事例を紹介しよう
 『先生、私は先生の診察日を調べて、先生の診察を受ける様にしています。先生はニコニコされながら患者の話しを聞いてくれ、心のしこりを一つひとつ解(ホド)いてくれます。だから安心して何でも先生に相談出来ます。私は『医は仁術』だと思うのです。仁とは人+二 ⇒ つまり自分のことのように相親しんでくれる医師が名医の条件だと思いますが、先生は患者の立場になって親身に相談に乗ってくれます。そんなリラックス出来る雰囲気を持っておられます。それが名医の条件だと思うのです。私は先生を自分の主治医だと決めました。先生これからもよろしくお願いしますよ』
そうですか、そうですか。先生は目を細めウンウン頷いた。
まず、そういう縁を結ぶこと
それから、年に一、二度気持ちを送り、縁を繋いでいる
 ここのポイントは、
完治しましたとお礼をする人は多いかも。でも、一般的にはこれで途切れる。
一つの縁を繋ぎ深めていくことが大切。
お世話になったお礼を込めて年に一、二度気持ちを送るのである。
この先生なら是非主治医に!と決めたら、その後のフォロー、礼を欠かさないこと。意のあるヒューマンな先生なら必ず気持ちは通じる。
お陰でT先生の場合、身内並の痒いところに手の届くサポートをしてくれ、その後どうですか?と電話迄してくれる。
外科が専門で病気全般を診るクリニックの院長(医学博士)で知識の幅も広いから助かる
普段は相談する程のことはないのだが、いざという時のアドバイザーとして真に心強い

まあこちらのアプローチに、無反応な医者にはこちらから愛想をつかして他をあたろう
セカンドオピニオン、人様からの情報、ネット情報等色々ある
くじけず根気よく探せば必ず見つかる筈
転ばぬ先の杖
事が起きて慌てないで済む様に『予防処置』を怠らないこと
⇒ 医者シリーズ-3に続く
   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<命の洗濯清楚な花 クリスマスローズ | ホームへ | 【町の名医の探し方】⇒ 医者シリーズ-1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/330-998108e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クメゼミナール

3/25 クメゼミに行って来た。 今回も大変為になるゼミナールであった。 日々の仕事に忙殺され、流される毎日に2週間に一度のゼミは...
  1. 2009/03/26(木) 12:44:56 |
  2. 良い子馬日記