【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

青 春 「サミエル・ウルマン」に思う

2016.11.30(00:01) 3319

【クメール】
  青 春 「サミエル・ウルマン」に思う



この詩 初心に返れ!! と エールを贈られているようで
  時々思い出しては  心で反芻しています


  青 春 「サミエル・ウルマン」
青春とは人生のある期間を言うのではなく 心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで 人は老いない。
理想を失う時に 初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが 情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り 人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば
この時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

         以上 青 春 「サミエル・ウルマン」



【クメール】より

もう年だから 自分には出来ない等

  ついつい 口癖になっていませんか?  

人生の中で いつまで経っても 今が最高~♪

  そうありたいし これからも そう言い続けたいと思っています

人生上手くいかないのが 当たり前

  苦労や失敗は 常のこと

問題なのは くじけて いじけて

  やる気がそがれ 夢も希望も放棄して 諦めてしまうこと

大切なのは 相手や周りが悪いのではなく

  それに振り回されてしまう 自分の心、意気地のなさ

人生 難しく考えないで

  歓喜と 好奇心

面白おかしく 探求心と冒険心 興味を持てたら

  愉しく愉快に生きていけそう

「もう年だから…」このフレーズ

  未来を否定し 過去を貪(むさぼ)る言葉

ついうっかり言う癖のある人は

  もうこれっきりにして

人生 未来に向かっては いつも今が一番若い時

  未来を夢を 明日に託し

自分の人生を 創り込んでいこう

  そう 今からこれから



  【クメール】
    青 春 「サミエル・ウルマン」に思う


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<≪クメゼミナール 12月度 1月度 案内≫ | ホームへ | 「ただいまあ」 「いってきまあす」>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

青 春 「サミエル・ウルマン」
調べて頂きありがとうございます。

生きとし生きていく中で
彼は青春とは年齢ではない!!
私もそう思っています
情熱や生き甲斐 いつまでもみずみずしく
しなやかでありたいと思っています

りらさん
人生豊かにエンジョイしましょう
いつもありがとうございます。


> 今晩は
> 「青春の詩」"Youth" は、ウルマンが70代で書いた詩だったのですね
> 調べてみました その年代で青春の詩作
> 驚きました
> 教えて下さり有難う
【2016/11/30 20:49】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
今晩は

「青春の詩」"Youth" は、ウルマンが70代で書いた詩だったのですね
調べてみました その年代で青春の詩作
驚きました
教えて下さり有難う
【2016/11/30 20:34】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3319-65c483ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)