【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

心臓移植と尊厳死

2017.01.27(00:01) 3403

【クメール】
  心臓移植と尊厳死



ある日突然に心筋梗塞で昏倒し 生死をさ迷った夫
  目が覚めたら、体に穴があけられ
そこから管が延びて人工心臓が付けられていた
  その時の衝撃たるや いかばかりか…

それから新しい心臓との お付き合いが始まった
  この心臓は長持ちせず しょっちゅう交換しなければならない
血栓が付着し いつ剥離し欠陥が詰まるのか分からないからである
  もうすでに12回もの交換手術をやった
心臓交換だから命懸けの大手術である
  その度に死ぬ思いの大手術

生き延びる道は
  交換手術を続ける
又は心臓移植のみである
  心臓移植はドナーあってのこと
それもいつになることやら…
  もう体は傷だらけ 心までボロボロに
こんなに辛いのに
  何で意識が昏倒し 生死をさ迷った時に死なせてくれなかったのか
明日が見えず 生きる希望をなくした夫が恨めしく言う

妻は医師に二者択一を迫られた
  人工心臓を付けなければ死ぬ
妻は突然の夫の不幸にうろたえた
  医師の有無を言わせぬ 決断しろとの要求
当事者の夫には 突然の意識不明で意思確認も出来ない
  どうしたらいいの!? あなた・・・。
妻は考えて考え 考え抜いた
  誰も結論を教えてくれない
もしこのまま死なせたら 一生後悔する
  生涯後悔の人生を歩むよりも…と今の道を選んだ
小さく肩をすぼめ 妻は俯きながら言う

夫は明日への希望が持てない
  これからも死ぬより辛い治療が待っている
心臓移植を待ち続ける日々
  新たな心臓もドナーのことを考えると そこまでして生き続けていいのかどうか…
悩みと辛さは果てなく続く

本人の幸せとは!? 生き続けることか…
  家族の幸せは 生き続けてもらうことか…!?
医師の使命は死なせぬことか…
  臓器移植 尊厳死の言葉は重く問い掛ける



  【クメール】
    心臓移植と尊厳死



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<【リラックス・クメール】 紅梅 その1 | ホームへ | 『優しい虐待』 子供のためだと押し付けていないか>>
コメント
苦も意図ありさん

コメントありがとうございます
仰るように
盲亀浮木のような奇跡の確率ですね

でもあなた様のコメント
私の記事「心臓移植と尊厳死」とどのように繋がるのでしょうか?


> 人とのつながりは盲亀浮木の如く。
> 大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
> たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。
>
> 血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
> 生まれてくることは、両親がいます。
> 両親のそれぞれの両親、合計4人。
> このようにさかのぼって考えてみましょう。 
> 10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
> 20代前だと約100万人!!
> そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
> 「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
> 奇跡的なことのように思えます。
> そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
> 先祖に手を合わせて感謝しましょう。
【2017/01/27 23:50】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、合計4人。
このようにさかのぼって考えてみましょう。 
10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと約100万人!!
そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
先祖に手を合わせて感謝しましょう。

【2017/01/27 23:38】 | 苦も意図あり #- | [edit]
りら さん
コメントありがとうございます

本人の自覚がなくて 意識回復の可能性もないのであれば
延命治療はして欲しくないですね
私の希望です

「IPS細胞による 豚への人間の臓器製造」
いよいよ凄いことになってきましたね
医学の進歩は素晴しいことですが
尊厳死についても一緒に考えたいものです

りらさん
人生生き活きと参りましょう
いつもありがとうございます。


> クメゼミ塾長様
> 臓器移植 尊厳死の言葉は重く問い掛ける・・・
> 私も常より それを考えています
> 昨日 新聞でIPS細胞による 豚への人間の臓器製造・・・
> それを読んだ時 人間の欲は果てしがないのだと思いました
【2017/01/27 23:10】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
クメゼミ塾長様

臓器移植 尊厳死の言葉は重く問い掛ける・・・
私も常より それを考えています
昨日 新聞でIPS細胞による 豚への人間の臓器製造・・・
それを読んだ時 人間の欲は果てしがないのだと思いました

【2017/01/27 20:45】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3403-15d02914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)