【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

言葉の暴力 軽率発言には勇気を持って

2017.02.07(00:01) 3413

【クメール】
  言葉の暴力 軽率発言には勇気を持って



ある産婦人科での
  ある患者の体験談

初めての妊娠の時
  腰が痛いので 湿布を出してください と お願いした

医師は
  はい分かりました

診療室を出たところで
  看護師が患者に言った

あんた妊娠してるのに よく湿布なんか貰うね
  身体に悪いの分からないの!?
信じられない!!
  まあ、先生がいいって 言ったんだからさ
まあいいけどさ、、、!!

妊婦は この言葉にプッチン!!と切れてしまいました

でも もしかしたらこの看護師…

  ホントに患者のことを心配して 発言したのかも…?

しかし産婦人科の医師が処方してOKだしたのに 医師のサポートをすべき看護師が

  どういう了見でそんな患者を混乱させるようなことを言うのでしょうか!?

看護師が医師に 一言言えば済む話しだと思うのですが…

  でも この看護師を 信頼している患者もいるとか…


わずかな言葉で 傷付く人がいることも考えて

  看護師は発言すべきなのでは

私が傍にいたのなら その看護師に

人を惑わすようなことを 言いなさんな!!

  そして医師には

あなたは部下をどのように教育してるのか!?
  何故患者がビビるようなことを看護師に言わせるのか!?
即刻正しなさい!!
  間違いなく 私なら医師に直接苦情を伝えます
この問題 相手が世界的に権威のあるようなドクターでも 全く関係ないですね

気付いたその時に言うこと

  軽率発言が 患者を苦しめる場合があること

これからもそんな気の毒な人を

  どんどん量産してしまう可能性有り

本人に気付かせるには 言葉で直接伝えること

  勇気のいることですが

誰かが言わないとね

  不愉快な言動は 勇気を持って 言葉にしたいと思います



  【クメール】
    言葉の暴力 軽率発言には勇気を持って



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<正直と素直 | ホームへ | 『雲』 沸から 佛へ ほとけさまの心>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3413-31df367b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)