【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

【クメール】  運・不運は 表裏一体  「幸は不幸(辛)に 不幸(辛)は幸に」 その1

2017.02.20(00:01) 3428

【クメール】
  運・不運は 表裏一体  「幸は不幸(辛)に 不幸(辛)は幸に」 その1



『幸』の字の一画を抜くと
   『辛』となります

「幸か不幸(辛)か」は
   物を観る視点を変えるだけで
幸・不幸が逆転します

自分が勝てば
   相手は負ける

運・不運は表裏一体
   自分の運がよければ 誰かを不運に

つまり一つの出来事なのに 運・不運に分かれてしまう
   でもその不運も明日に活かせたのなら
「運の先触れ」に

勝つこと
   この言葉は相手をやっつける意味を含みます

相手を負かして勝つより

   『自分に克つ』

そうありたいですね

最近思っていることですが
   幸せでいたい

なので大地震などとんでもない
  平穏無事に人生を過ごしたい

多分誰でもそう思っていると思います
   でもこれは
未来の子々孫々には
   とんでもない重大なリスクを
先送りしていることになるのです

何故かというと
   日本は大陸のプレートの対流で 列島が形作られ今も歪み続けています

私たちの代に大地震がなければ未来の人たちに
   プレートの歪みを先送りしてしまうことになるからです

300~400年周期で大地震が発生することが
   歴史的に証明されています

今平穏無事を祈ることは
  未来に今のプレートの歪みを 自信のリスクを押し付けること

「今の幸は 未来には 不幸を与える」

そう考えると
  自分の代の平穏無事は
子々孫々にとって 迷惑なことになる訳です

そんな風に考えたなら
  ホントの幸不幸なんか
  『人間万事塞翁が馬』
何がいいことで 何がよくないことか分からなくなります

  ではどうすればいいか…!?



  【クメール】
    運・不運は 表裏一体  「幸は不幸(辛)に 不幸(辛)は幸に」 その2へ 続く



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<運・不運は 表裏一体  「幸は不幸(辛)に 不幸(辛)は幸に」 その2 | ホームへ | 【リラックス・クメール】   先輩 いつもありがとうございます>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3428-e9456171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)