【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

「ナイスコミュニケーション」 言葉掛けの実践編

2017.03.13(00:01) 3446

【クメール】
  「ナイスコミュニケーション」 言葉掛けの実践編



ある歯科クリニックの待合室での話
  おばあさんが心地よさげに マッサージチェアでリクライニングを倒し 寛いでいた

名前を呼ばれて 起き上がろうとするが起き上がれない
  起きよう起きようと もがいている
見かねて起こして上げた
  ありがとうございます
いえいえ 大丈夫ですか?

今度は 杖をついて立ち上がろうとするが 立ち上がれない
  状態から見て 難しそうだ
周りの人は無関心なのか見ているだけだった

おばあさん
  大丈夫ですか?
肘をそっと持って 立ち上がるのをサポートした

それを見た付き添いの息子さん(容姿がそっくりだったので多分です)
  慌ててありがとうございます
丁寧に頭を下げお母さんに寄り添った

ちょっと離れて座っていた為に状況が分からなかったようだ
  帰りがけにも 何度も何度も彼は私に頭を下げた
思いもよらずに 知らない人に
  親切にされた有り難さと 迷惑を掛けたとのお詫びの気持ちからなのだろう
その姿から 真心からのお礼と受け取れた

なにより
  足腰の不自由なお母さんを日頃から大切にしている姿が浮かび上がってくる
大切な壊れ物を触るように 背中と肩を優しく支える後ろ姿が一緒に遠退いていく

  お母さんも息子さんに大切にされ 身体は不自由でも幸せなのではないか
早く両親を亡くした我が身には ちょっと羨ましくも微笑ましく
  ほのぼのと春の温もりを感じさせた 待合室での些細な出来事でありました

お大事にね 心で後ろ姿に言葉を掛け 見送った



  【クメール】
  「ナイスコミュニケーション」 言葉掛けの実践編



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<心が沈んだ時に… | ホームへ | 【リラックス・クメール】 早春賦>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3446-3c44ec9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)