【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

歴史に名を遺して 真実とは 一体何なのか!?

2017.03.17(00:01) 3452

【クメール】
  歴史に名を遺して 真実とは 一体何なのか!?



見方で評価は様変わり
  歴史に名を遺すとは 一般庶民を苦しめることなのかも…
でも悪名高き歴史的人物にはなりたくないですよね

聖武天皇は
  仏教に深く帰依し 国ごとに国分寺と国分尼寺を建て 自ら写経し経文を納めた
また東大寺を建立し大仏を鋳造した

  都を平城京から 恭仁京 ⇒ 紫香楽宮 ⇒ 難波京 ⇒ 紫香楽宮 ⇒ 平城京へ
再三の都造営や諸寺院の建立事業の為に 国家財政は窮乏し人心は離反していった

仏教を広め大仏殿や各寺院 正倉院御物(光明皇后奉納)の至宝の数々を後の世に遺した天皇
  ところが、当時の国民からすると役務(えきむ)を強いられ生活にも困窮させられた
とんでもない天皇ということになる(私見です)

歴史とは、どの立場、どの視点で見るかで評価は様変わりしてしまう
  仏教・美術から見たら功労者
当時の国民から見たら
  都作りや社寺大仏建立に役務を強いるとんでもない為政者

真実とは 一体何なのか!?

正倉院御物や東大寺大仏など 後の世に遺した聖武天皇の偉業は大きいが
  歴史を含め事物には功罪あること
聖武天皇の功績にケチを付ける気はありません

でも功罪両方の視点で物事を見極めていく癖をつけないと
  偏った見方になること 自覚したいと思う次第



  【クメール】
    歴史に名を遺して 真実とは 一体何なのか!?



   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<【リラックス・クメール】 紅梅 盛りの頃 | ホームへ | 「恋」と「愛」  続編>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3452-f1e43606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)