【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

お金がなくても幸せになれる 「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その1

2017.06.07(00:01) 3497

【クメール】
  お金がなくても幸せになれる  「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その1



布施というと、お金や物品を施すこと。 金品を施す「財施」ばかりを考えがちですね。

  自分はお金がないから無理、関係ないと思っているあなた。

お金は掛かりませんから、まずは私の話しを聞いてみてください。

  ある方から、布施をするお金はないので『笑顔の布施を』とお話しがありました。

おっしゃる通りに布施は物品を渡すだけが布施ではありません。

  しかし、ある方も『笑顔の布施を』実践しようとすると、なかなか大変なようで、

これも布施という修行なのでは、と思わされます。

  お金が無くても、幸せになれますよ。 そう、金品を使わずにね。

えっ、ほんと?? そう思っているあなた。 一緒に、幸せになりませんか?

  それでは、誰にでもできる布施で、とても幸せになれるお話しをしたいと思います。


「仏説きたまふに、七種施あり、財物を損せずして大果報を得ん」=『雑宝蔵経〔ぞうほうぞうきょう〕』「七種施の因縁」より

  「無財の七施〔むざいのしちせ〕」

1.眼施(げんせ)=慈眼施〔じげんせ〕ともいう
  眼による施し。 優しいまなざしで接すること。
  ただただ 相手の話しを聞くだけ。
  うんうんと頷き、優しいまなざしで見つめながら…。
  優しいまなざしは相手が感じるもので、自分は優しいと思っているだけでは相手に通じません。
  相手の気持ちを汲んで、優しいまなざしで応えてあげること。
  「目は口ほどにものを言う」
  誤魔化しはきかないこと、肝に銘じて…。
  『優しいまなざし』かな…? 相手に見えてる自分は…?
  そのように意識することで、第三者から見た自分が見えてきます。
  自分磨き、まずは『優しいまなざし』から。
  『あなたといると、優しい気持ちになれる』
  そう言われたら幸せな気持ちになりませんか~o(^0^o)♪


2.和顔悦色施(わがんえつじきせ)=和顔施〔わがんせ〕ともいう
  穏やかな温かい表情で接すること。
  相手がムスッとしてたら気分悪いですよね。
  自分は険しい表情をしていないか? いい笑顔か? チェックしましょう。
  鏡を見て笑顔作りの練習をすると効果的です。
  問題は、腹が立っているときに、穏やかな温かい表情が出せるのか
  落ち込んでいるときに明るい表情になれるのか
  むかついた時は、その人のいいところを思い出して
  堪ったマグマは発散させて
  誰かに話すことで少しは気分も楽になります。
  たまには、パーッといきましょう~(^▽^)ノ
  そして、その人と会うときは、気合いを入れて、
  『ようし!!笑顔でいくぞ~♪』

  心配しないで、なんとかなります。
  えっ、ダメだったらどうすればいいかって?
  その時はね
  またやりなおせばいいのです。  そう何回でもね。
  何回失敗しても、続けて行くうちに、やらないよりやった方が間違いなく答えが出てきますよ。

  自分磨き、大変ですよね。
  だから、布施という修行なのです。
  でも、修行すれば大果報を得て、果報者=幸せ者になれるのですよ~o(^0^o)♪


3.言辞施(ごんじせ) = 愛語施〔あいごせ〕ともいう
  愛語とは、母親が我が子を慈しみ思いを持って話すような愛情豊かな言葉。
  人は誰でも、相手から直接愛語を聞くと、顔をほころばせて喜び心うきうき楽しくなりますよね。
  また、間接的に人づてに愛語を聞くと、心に深く刻み込まれます。

  言葉では、いくら立派なことを言っても、心が籠っていなければ素通りしてしまいます。
  また、いくら気持ちがあっても、言葉一つで思いもよらない受け取られ方をすることもあります。
  あるいは、ついうっかり人を傷つけたり、不快な思いをさせて、自分はそのことに気付かず、
  後で、人づてに聞いてびっくりした。
  そんなことってありませんでしたか?

  善い言葉を出そう、と意識するだけで、自分の心を明るくする修行になり、周りを明るくする一歩にもなります。

  まずは、はじめの一言から始めましょう(^^)√
  嫌な言葉、不快な言葉を避け、優しく温かい言葉で
  「愛語=愛のある言葉、思いやりのある言葉」を心掛けたいものです。

  『百日の説法、屁一つ』
  ついうっかり言ってしまった、たった一言で、全ての苦労が水泡と帰することもあります。
  古今東西、問題発言して、やめていった政治家がなんと多いことか。
  でも、日頃から思っているからこそ出てしまった一言でしょう。

  「愛のある言葉、思いやりのある言葉」は心から思って言わないと空々しいですよね。
  言葉一つが人生を左右することもあるのです。
  そう、心を込めて。


4.身施(しんせ)=捨身施〔しゃしんせ〕ともいう
  損得を抜きにして、自分の身体で奉仕をすること。
  相手の立場に思いやり、礼儀正しく身だしなみにも気を付ける。
  ぞんざいな物言いは相手に不快感を与え、誤解される元です。
  身だしなみ等、身施とは関係ないようですが、相手に不快感を与えて
  「感じの悪い人」と思われてしまったら、
  この人、何!?と、気味悪がられ、身施は相手に届きません。

  お金を無視してボランティア精神(捨身)で、自分のできることを探して奉仕すること。
  また、頼まれ事をしたときに、快く応えてあげることも大切な身施だと思います。

    『無財の七施』 

  私が出来ているということではなくて

     そのように考えられたら幸せになれるのではと思います



  【クメール】 お金がなくても幸せになれる 『無財の七施』 以下 その2 へ 続く


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<お金がなくても幸せになれる  「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その2 | ホームへ | CSとサービスの視点から考える 「注文はなんでしょう」 後日談>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

お金が無くても、幸せになれますよ。
 そう、金品を使わずにね。

「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その2 その3と続きます
どうぞお楽しみに~♪

りらさん
それぞれの人生 豊かにエンジョイしましょう~♪
いつもあリガとうございます。


> 「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その1
> 勉強になりました
> 心に沁みました
> その2楽しみにお待ちしています
【2017/06/07 12:03】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
「無財の七施〔むざいのしちせ〕」 その1
勉強になりました
心に沁みました
その2楽しみにお待ちしています
【2017/06/07 06:58】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3497-373b0b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)