【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

 『善も悪 悪も善になる』 

2017.05.08(00:01) 3518

【クメール】
   『善も悪 悪も善になる』 



その日その時は 憐れみを覚えても

  翌日はその憐れみが 身を滅ぼす災いとなることを知れ

   「島津忠良から義久への手紙」より



平清盛は「平治の乱」で 源氏に勝ったが

  源氏の子供達を不憫(ふびん)に思い 助けた。

助けたことは  『善』

  後にそれが仇となって

成人した源頼朝や源義経によって平氏は滅ぼされてしまう。

  助けたことで 平氏が滅びてしまうという『最悪』の結果に。

子供時代に それを身をもって体験していた 源頼朝は

  源義経の生まれたばかりの子供を鎌倉の海に沈めた


  「諸行無常」

移り変わるのは世の常ではあるが

  『善も悪 悪も善になる』

平清盛自身が平氏を栄えさせたものの

  滅亡の悪(種)を作ってしまったことになってしまったのではないか…


小さな子犬が公園に捨てられ

  可哀相にと

餌を与えた ⇒  それは『善』

  その犬が野犬化して

ある日ある時

  子供達を襲って大怪我をさせた ⇒ それは 『悪』


憐憫(れんびん)の情は 後にとんでもない結果を招くことになる。

  目先の感情ではなく

先(将来)にどのようなことが起こり得るのか

  よく見極めて判断したい。



  【クメール】
     『善も悪 悪も善になる』 


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<『善も悪 悪も善になる』 その2 | ホームへ | 【リラックス・クメール】  窓辺でひと息 ティータイム~♪>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3518-e9028a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)