【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

【リラックス・クメール】 ある教団の神域

2017.06.25(00:01) 3562

【リラックス・クメール】  ある教団の神域



   土日は 写真付きで 【リラックス・クメール】をどうぞ

       近隣にある ある教団の神域です

tsA7R08007.jpg



   初夏の陽射し

       バックは拝殿

tsA7R07982.jpg



   鳥居をバックに


tsA7R07864.jpg


   「紙垂(しで)」

 ■ 意味 : 紙垂は、「神聖・清浄」の標章。
  (1)紙垂を注連縄(しめなわ)に垂らして神域や祭場に用いた場合は、聖域を示す象徴となる。
  (2)玉串(たまぐし)については、榊に紙垂を付することによって、遷霊されるものと考えられて
いる。榊だけでは神の依り代とはならない。

 ■ 由来 : 日本神話の神代天石屋戸条(しんだいあめのいわやどのじょう)に由来。紙垂の原型「丹寸手(にきて)」が出てくる。
      (原文)「・・・天の香山の五百津真賢木を根こじにこじて、上枝に八尺の勾玉の五百津の御すまるの
      玉を取り著け、 中枝に八尺鏡を取り繋け、下枝には白丹寸手、青丹寸手を取り垂でて・・・」
      (訳)「・・・天の香具山のよく茂った榊を根こそぎ掘り取ってきて、その上方の枝に多くの勾玉を長い
      緒に通した玉飾りをつけ、中ほどの枝に八咫鏡を掛け、下方の枝には楮の白い幣と麻の青い幣を下げた・・・」   

A7R07965.jpg



 ■ 形状 : 「無限大の神威」説と「雷」説がある。
     (1)「無限大の神威」説:白い紙を交互に切り割くことによって、無限大を表わす。無限大の神威を一片の紙に
      象徴するものと解される。
  (2)「雷」説:宮沢賢治は花巻農学校で教鞭をとっていたころ、「注連縄の本体は雲を、〆の子(細く垂れ下がっ
      ている藁)は雨を、紙垂は雷(稲妻)を表わしている」と、生徒に教えていた。雲と雨と雷は、豊作のための
      不可欠な要素であり、注連縄は元来、豊作を願って神社に奉納されたとされる。

   ≪紙垂情報 : http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000113877 より≫


A7R07960.jpg



   燈明点る頃

       黄昏時

tsPENF0189.jpg



   東方瑞祥の地だそうです


tsA7R08006.jpg



【リラックス・クメール】  ある教団の神域

   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<自分磨きしませんか | ホームへ | 【リラックス・クメール】 初夏の涼 和風の美>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます

> 神域に関する紙垂等詳細な説明を有難うございます
> とても勉強になりました
 → 「紙垂(しで)」は 「神聖・清浄」の標章。
  (1)紙垂を注連縄(しめなわ)に垂らして神域や祭場に用いた場合は、聖域を示す象徴となる。
 実家のお寺では住職の父に指示され御幣さん(紙垂)を作らされた遠い記憶があります

写真は神域の荘厳な雰囲気が伝わればいいなと撮影したものです

りらさん
それぞれの写真ライフエンジョイしましょう
いつもありがとうございます
【2017/06/25 16:02】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
神域に関する紙垂等詳細な説明を有難うございます
とても勉強になりました
【2017/06/25 07:01】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3562-154980c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)