【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止策

2017.07.03(00:01) 3570

【クメール】
  高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止策



高齢者によるアクセルとブレーキ踏み間違え事故
  その防止策としてマニュアル車しか乗れないようにすればいいとの
千原ジュニア氏からのアイデアがネットで紹介されていた

確かにアイデアとしては面白いしそれで間違える事故は多少は減るかも
  だが車を全て買い替えないといけないし 手が不自由な障害者の方のことなど
色々問題があって実現するには障害が多すぎて現実的には難しいだろう

私の踏み間違い防止策(ヒューマンエラー)は
  運転者の日ごろの自覚と訓練でカバーをするもの

1.右足をアクセルではなくてブレーキの上に常時置いておく(アクセルを踏むとき以外)
 普通無意識だとアクセルの上に足を置いておく場合が多いと思う
 この場合緊急時に慌ててブレーキを踏み損ねることがある

2.日常の運転からアクセルとブレーキを踏み変えて
 アクセルとブレーキの位置と踏む感覚を常に磨いておく
 というか 習慣化させ 身体で覚えさせておく

3.走行中や停車中に時々ブレーキを軽く踏みこむ(ポンピング)
 これを日頃からやっていないと慌てた時やパニックた時に
 正確にブレーキを踏み込むことが出来なくなる(ただし追突に注意しながら)
 アクセルとブレーキ踏み間違えをしないか日ごろから意識して訓練をしておく
 実際に意識しながら運転をしているとエマージェンシー(緊急事態)でも
 身体が反応するようになる
 是非お試しのほどを

近年私の車がアイドリング不調で時々エンストしてしまうことがあった
  原因が分からずそれも時々発生して往生した
慌てるのは交差点の中で右折するときにアイドリングしながら前方の車を待つとき
  急にエンストしてしまいエンジンを慌てて始動させても始動出来ずあたふたしてしまうことが何度かあった
これは交差点内で止まってしまうと危ないから速く脱出しなければと慌てることと
  エンスト時ドライブモードはDレンジなので
NかPモードに切り換えないと絶対始動しないことによる
  エンストの不具合は時々たまに起こるから始末が悪い

そこでエンスト時は
  DレンジをPレンジに切り替え同時にブレーキを踏む
ブレーキを踏んで置かないと間違えて急発進してしまう恐れがあるから
  交差点内で急発進したらどうなるか
火を見るより明らかな大事故が待っている
  なので必ずブレーキを踏み込んでおくこと
その一連の操作(動作)を 何度もイメージトレーニングと実践トレーニングした
  その結果実際に交差点内でエンストした時も
慌てず
  DレンジをPレンジにさっと切り替え
同時にブレーキを踏み再始動を掛けることが瞬時にできるようになった

特に停車時は常にブレーキを踏んでおくことやPモードにしておく
  踏切でエンストした時の対応など日ごろからの危険予知訓練をしておきたい

シャドートレーニングと実走行訓練のお陰で
  交差点内でエンストした時も この一連の操作が的確にスムーズに出来るようになった

車はこの後に車検時期を早め不具合点を伝えきちんと修理してもらった
  原因は吸気側ホースの穴開きに因るものだったという
低回転時エンジンが粘らずストンと落ちる原因が吸気ホースとは驚いた次第
  お陰で新品時の快調なエンジンに復活してくれた
Ⅰ所長ありがとうね

そんな経験からも常に意識しながらブレーキをポンピングしたり
  アクセルとブレーキを日頃から踏み変えたりすることで
いざというときのヒューマンエラー事故は激減すると思う次第
  要は日頃からの意識とエマージェンシー(緊急事態)対応の訓練を日頃からしておくことで
思いがけない事故は防げると思う
  これは高齢者だけでなく老若男女のドライバー全ての人に言えることだろう
日頃からの意識と訓練を行うことで悲惨な事故を撲滅出来ると思う次第
  バックとドライブの切り替えミスも同様である



以下参考にネット情報をどうぞ

◆”千原ジュニアさん”の高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止のアイデアに共感の嵐!!!


◆”千原ジュニアさん”の高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止のアイデアに共感の嵐!!!

お笑いタレントの千原ジュニアさんがテレビ番組で、
高齢者による交通事故を防ぐためのアイディアを
披露し話題になっているので紹介します。

高齢者の交通事故は、社会問題とも言われるほど大きな問題です。
特に「アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故」は、
報道などでもよく扱われる高齢者事故の典型例と言われています。
そんな高齢者の交通事故を防ぐための1つのアイディアとして、
千原ジュニアさんが、こんな持論を展開しました。

60歳以上、70歳以上はミッション(マニュアル車)しかアカンことにしたら、ええやん
引用元:にけつッ!! 
高齢者は、オートマ車を禁止し、マニュアル車しか運転できないようなルールにすればいいという発言。
そして、その真意を次のように話しました。
便利になるから不便になんねん
ミッションだと(アクセルとブレーキを踏み間違えても)
エンストするしかないからな
引用元:にけつっ!! 

確かにマニュアル車であれば、
ブレーキを踏もうと思ってアクセルを踏んでも、
クラッチさえ切れていれば、
エンストするか空ぶかしになるだけで、
急発進する確率は下がります。
一方、オートマ車だと、
ブレーキを踏もうと思ってアクセルを踏むと、
一気に加速して建物や人に衝突してしまう恐れがあります。
このジュニアさんの提案に対し、Twitterでは共感の嵐です。


【クメール】
  高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止策


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<人を傷付けてしまい 悔しくて悲しい、、、 | ホームへ | 【リラックス・クメール】 梅雨から夏へと橋渡し>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

ネットは色々な情報が溢れていますね
千原ジュニアのアイデアに共感の嵐!!とありましたが
これに限らず内容は大概は大したことはありません
でも「アクセルとブレーキ踏み間違え事故防止」は重要なことゆえ
予防処置について【クメール】できちんと考え纏めてみました
SNS情報は 単なる一つの情報、参考として取り扱うですね
決して鵜呑みにしたり 踊らされたりしないように気を付けたいと思います

りらさん
それぞれの人生 有意義に豊かにエンジョイしましょう~♪
いつもあリガとうございます。


> ◆”千原ジュニアさん”の高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止のアイデアに共感の嵐!!!
> Twitterの拡散力は凄いですよね
> これからも話題のツィーター教えて下さいね
【2017/07/03 19:34】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
◆”千原ジュニアさん”の高齢者のアクセルとブレーキ踏み間違え事故防止のアイデアに共感の嵐!!!


Twitterの拡散力は凄いですよね
これからも話題のツィーター教えて下さいね
【2017/07/03 19:01】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3570-7fac81e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)