【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

坂村真民の詩 『一切無常』  どうにもならない事に悩まない

2017.07.06(00:01) 3572

【クメール】
  坂村真民の詩 『一切無常』  どうにもならない事に悩まない



坂村真民の詩

 散ってゆくから 美しいのだ

    毀(こわ)れるから 愛しいのだ

 別れるから 深まるのだ

    一切無常

 それゆえにこそ

    すべてが

 生きてくるのだ



形あるものはいつか必ず壊れる。

   また生きとし生けるものすべては死にゆく運命である。

それが 一切無常。

「はかないからこそ美しい」という考えもある。

   サボテンの花は 一夜限りの儚(はかな)い命ゆえ

より美しく 花を咲かせる


滅びの美学を受けいれられるだけの人生経験を積んだ訳でもない。

   では そんなはかない人生なのに 何故人は生きているのか? 生きていくのか?

どうすれば生きる苦しみ 死の苦しみ 「生老病死」から 逃れられるのか?


孔子は

   「朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」と言ったが

真理を知ることができれば いつ死んでも構わない。

   それほどに真理を知るのは難しい。

では孔子は 真理を悟ったのだろうか、、、、


「一切無常」とは

   全てはひとつところにとどまらない ゆえに人の命も必然に消えてゆくってこと。

そう知ることが悟りに至る境地ではないかとも思う。

   まあ真理を悟ったわけではないが

せめてすべてをあるがままに 受けとめられればと思う次第。

   [一切無常] この仏の教えについて もう少し触れてみたい



 ◇  以下、その2 へ 続く  ◇

【クメール】
  坂村真民の詩 『一切無常』  どうにもならない事に悩まない その2 へ 続く


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<『七夕はいつも雨…』  せめて 今宵一夜 銀河に小舟を浮かべてあげましょう | ホームへ | 「幸」と「辛」の字>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3572-15c34678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)