【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

日野原重明先生 逝去 105歳 聖路加国際病院名誉院長

2017.07.19(00:01) 3588

【クメール】 日野原重明先生 逝去 105歳 聖路加国際病院名誉院長


日野原重明先生が 逝去されました

    110歳まで 現役の医者を続けることを目標にされ活躍されていた

105歳の寿命を全うされるまで 命の尊さを伝え続けた名医

   現役の医者にこだわり続けられた見事な生涯だったと思います

尊敬する日野原先生の死亡の記事は大変ショックなことでした

   ここに心よりご冥福を祈り哀悼の意を表し

以前【クメール】で紹介した記事を再掲し追悼します

   合掌



【クメール】
百歳になっても(命のメッセージ)  日野原重明先生 2011.11.10 

  ≪http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/blog-entry-1459.html≫


『ふやすなら 微笑みのしわを』

  「いのち開く きみの笑顔 土の香り」


末期癌の患者にニコニコ笑顔で語りかける
  「君の笑顔は素晴らしい」
日野原先生から百歳のパワーを頂いたようで
  心地よい気持ちになれました

末期癌の患者は
  笑顔と感謝の詩を残し旅立っていった
「日の原の
  陽を受けて
    暖かくいのち輝く」

その笑顔に家族も救われた

命短き患者に
  生きる力を与えること

「私の手を握ってごらん
  あら
    凄い握力だね
  ほら
    あなたにはまだまだ生きる
      強い力があるのですよ」

  言葉と心で語りかける

勇気と生きる力を与え続ける

今生きている
  与えられている時間をどう使うのか


百歳の現役医師は
  自問自答する

命が尽きる時に
  苦しい苦しいではなくて
感謝の気持ちで最期を迎えたい


百歳の現役医師
  「日野原重明」

百歳の誕生日の朝に

  『朝目覚め
     両手を挙げて我百歳』

日野原重明先生の 目標は
  110歳まで生きることではない
110歳まで
  現役の医者を続けること


生きてる限り現役

  百歳になっても(命のメッセージ)


【クメール】より
日野原先生の生きる姿勢に
  ただただ圧倒され、私も生きるエネルギーを頂きました

生きること
  生きてる限り
今何が出来るのか
  自問自答し 行動に移してゆく
命ある限り現役にこだわり続ける

日本の高齢化の課題は
  若者に負担が掛かってしまうこと
ならば
  高齢者は
意気盛んに社会に関与し貢献してゆけば、日本の危機は救えるのではないか
  私は少なくとも生涯現役を目指したいと思う

《情報;NHKTVより【クメール】で感じたことを纏めました》


◆朝日新聞デジタル 7/18(火)

 「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動してきた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時33分、呼吸不全で死去した。105歳だった。通夜・お別れの会は関係者で行う。葬儀は29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。

 1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。41年から聖路加国際病院に勤めた。同病院内科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。02年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章した。

 専門は内科学。成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼んで病気の予防につなげようと1970年代から提唱してきた。旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称し、今では広く受け入れられている。

 87年からは小学生を対象に「いのちの授業」を続けた。多数の著書があり、90歳で出版した「生きかた上手」がベストセラーになった。



  【クメール】 日野原重明先生 逝去 105歳 聖路加国際病院名誉院長


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<「生涯現役!日野原重明先生のメッセージ 」 日野原重明先生 逝去 105歳   | ホームへ | 海の日にちなんで>>
コメント
ボス。さん
コメントありがとうございます。

日野原先生は「人間ドック」を開設したり「生活習慣病」を定義づけしたり
晩年は未来を背負う子供たちに命の大切さを伝えて来られました
死ぬまで現役を生涯貫かれました
年を重ねても日野原先生のような生き方をすれば
日本の未来は安泰ですよね
お互い健康に気を付け生き生き豊かに参りましょう
ボス。さん
いつもありがとうございます



> オウム・サリン事件の時は、聖路加病院がたくさんの方を救助したと聞いています。
> 日野原先生が、大聖堂・通路の酸素パイプや、
> ベットを置けば、診察・入院対応がすぐに出来るように改造をされたとか。
>
> 心より ご冥福をお祈りいたします  
>                合掌
【2017/07/19 19:15】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
オウム・サリン事件の時は、聖路加病院がたくさんの方を救助したと聞いています。
日野原先生が、大聖堂・通路の酸素パイプや、
ベットを置けば、診察・入院対応がすぐに出来るように改造をされたとか。

心より ご冥福をお祈りいたします  
               合掌
【2017/07/19 11:30】 | ボス。 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3588-9e060153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)