【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

真のサービスとは 「おもてなしの心」 「表も裏もない真心サービス」 その2 ≪サービスとCSを考える≫

2018.03.19(00:01) 3866

【クメール】
  真のサービスとは 「おもてなしの心」 「表も裏もない真心サービス」 その2

   ≪サービスとCSを考える≫


 ・顧客の期待値を越えて、初めてCS(顧客満足)となる。
  これだけしてあげたんだから、顧客は感謝しているだろう。
  こちら目線で勝手解釈していないか、チェックしてみる。
  不平不満があっても殆どの人は言葉や態度で表さないが(これを苦情という)、気をつけていれば、
  どう感じたか雰囲気で分かるもの

◆ CS(顧客満足)の評価チェックポイントは
  仕事が終わった後の顧客の態度を注視するとよい
  顧客がアイコンタクトしてくれたか?
  その時表情は硬くなかったか?不機嫌そうではなかったか?
  笑顔だったか?明るかったか?
  顔は生き生きしていたか?無表情ではなかったか?
  顧客の表情に目を凝らすのである
  ・顧客の満足を得る為には、他人(社)と同じ品質では差別化出来ない+αの付加価値を付けよう。⇒差別化

キーワードは
  よりよいもの / より安く(時間) / より速く / より心地よく
  顧客の求めるものにどのように応えるか。 顧客の期待を越えてサービスを
 お客様に感動を与え、感謝してもらえたら『CS(顧客満足)』となる

3.まとめ
  顧客の気持ちになって 仕事をさせて頂くことが出来るかどうか ⇒ サービスの真髄
  「おもてなしの心」
  表も裏もない真心で、利害を越えた『させて頂くサービス』を行えば、必ず顧客に満足を与えられる ⇒ CS(顧客満足)
  サービスが有効だったか、押し付けサービスになっていないか、常に顧客の立場で検証、評価する姿勢が大切である
  その手段がCS(顧客の受け止め方)
  本当に顧客が喜んでくれたか、顧客目線で評価検証(CS)する癖をつけよう
  自分勝手な身勝手サービスにならない様に



  【クメール】
    真のサービスとは 「おもてなしの心」 「表も裏もない真心サービス」 その2
     ≪サービスとCSを考える≫


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<彼岸に寄せて 再生蘇り | ホームへ | 【リラックス・クメール】 一服は お気に入りの珈琲碗で 「伊万里焼 色鍋島」>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます。

>  真のサービスとは 「おもてなしの心」 「表も裏もない真心サービス」 その2
> 今回の記事もとても勉強になりました
> 仕事に役立ちます
> これからも今回の記事を期待しています
 ⇒ いつも褒めて頂きありがとうございます
  りらさんに褒められて 元気が湧いてきます~(^^)v
  キーワードは
  よりよいもの / より安く(時間) / より速く / より心地よく
  顧客の求めるものにどう応えるか。応えられるか
  顧客の期待を越えてサービスをお客様に感動を与え、感謝してもらえたら『CS(顧客満足)』となる

  顧客の気持ちになって
  表も裏もない真心「おもてなしの心」で
  顧客が喜んでくれたかどうか? CS(顧客満足)ですね

りらさん
それぞれの人生それぞれのライフスタイルで
仕事は顧客に納得し喜んでもらえるように ですね
急かず慌てず自分らしく自分の歩幅で
いつもありがとうございます
【2018/03/19 22:35】 | クメゼミ塾長 #LCCNbXwA | [edit]
 真のサービスとは 「おもてなしの心」 「表も裏もない真心サービス」 その2

今回の記事もとても勉強になりました
仕事に役立ちます
これからも今回の記事を期待しています
【2018/03/19 21:25】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3866-f657edd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)