FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

臨終になっての後悔 その1

2018.03.30(00:01) 3879

【クメール】
  臨終になっての後悔 その1



人は人生の終焉(しゅうえん)に
   ああすればよかったこうすればよかったと
 色々な後悔が去来するようです

人生の終わりに
  達成できなかった夢が沢山あったことに
患者たちは気づくのでしょう。
  ああしておけばよかった、こうすればよかった
そんな気持ちを抱えたまま
  世を去らなければならないことに
人は無念を感じるのでしょう。

看護師が患者の臨終に接し 聴いた後悔の言葉の数々
  わが身に振り返り反省させられる言葉であります

◆ 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
  「他人に望まれるままに」ではなく
 「自分らしく生きれば良かった」という後悔。


 【クメール】より
  ⇒ この後悔は 人の為と書いて「偽」
  人の為、人の為と思って頑張った末路ではないでしょうか
  人の為に頑張ったら その結果は、自分に必ず返ってくるものなのですね
  子供の為、家族の為、○○の為に、、、そう思ってずっと頑張った人生だと
  辛くてしんどい人生になるでしょう
  人の為に頑張って見返りを求めると不幸になります
  してあげたことで満たされたらそれだけで幸せになれます
  もし失敗したらそれは次の時の見直しのための経験と考えれば活かされた失敗となります
  人の為が ⇒ 他人の所為になって 満たされない人生になるのだと思います
  他責ではなく ⇒ 自責 責任は自分の中に


◆ 「もっと自分の気持ちを表に出して勇気を持てば良かった」
  世間でうまくやっていくために感情を殺した結果
 可もなく不可もない人生で終わってしまった
  平々凡々とした人生という無念が最後に訪れるようです。


 【クメール】より
  ⇒  「信」とは 人に言うと書きます
   言葉にして行動してこそ、人の信頼を得られるもの
  「無二の友」を得られるのですね
  何事も「思い立ったが吉日」
  いつもいつでも 「今からこれから」 やるなら 今でしょ!!
  無為のまま人生を終えても後悔がなければ
  それもまた納得の人生だとは思うのですが…


≪参考情報:ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5 FacebookTwitterGoogle+Pinterest ≫


【クメール】
  臨終になっての後悔 その2へ続く


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<別れ 時の流れの中で | ホームへ | 「親切」と 「躊躇(ためら)い」>>
コメント
りらさん
コメントありがとうございます😊

> 私は頻繁に後悔します
> 常に後悔しています
> そんな私にとっては・・・今回の記事はかなり教訓となっています
> 次回を期待しています
 ⇒ いつもクメールに関心を持っていただきありがとうございます😊
  後悔と反省の人生ではありますがもしかしたら
  明るい明日が待っているかもしれないと
  儚い希望も持っているのではと思います
  プラスの視点では色々あるしマイナスばかり見てると
  ガックリとすることばかり目に入ってきます

りらさん
人生、儚いことも多いのですが
夢や希望に溢れることもあります
辛い人生の中で光明が見えたら幸いですね
人生諦めないでまいりましょう
いつもありがとうございますm(_ _)m  
【2018/03/31 00:01】 | クメゼミ塾長 #- | [edit]
私は頻繁に後悔します
常に後悔しています
そんな私にとっては・・・今回の記事はかなり教訓となっています
次回を期待しています
【2018/03/30 19:31】 | りら #sSHoJftA | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/3879-0708aec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)