FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

期待される人材の要素 本質を読み解く。

2018.10.22(00:01) 4120

【クメール】 期待される人材の要素
   本質を読み解く。 


【クメール】にお越し頂きありがとうございます。
  私の気持ちを汲んで欲しい。 【クメール】を通じ伝えたい。
その気持ちから、汲め(クメ)+メール=【クメール】 と名付けました。
  新興宗教? 偉そう。 何か怪しげ・・・!?
名前について、多少躊躇することもありますが、もう早11年目の秋になりました
 ・・・なんとかこれまでやって参りました。

最近のコメントに「どのブログも似たり寄ったり」というのがありました。
  難しい話をしても誰も読んでくれません。
それと、どのようなテーマも突き詰めたら真理や本質は、結局似たようなところに落ち着く。 最近思っていることです。
  読み手は、新しい言葉や手法や技法、聴いた事が無い文章、新規性、もの珍しさだけを求めているのでしょうか?
難しい言葉や横文字を並べたら賢くなった気分にもなれそうではありますが
  読み手が分からなければ意味はないですよね

1.本質を読み解く
 私の心配は、耳年増になって、そんなことは知っているよ!
  そう思ってしまってマンネリ化して本質を読み解く訓練をしていないのでは
そんな自分がいるのでは?ということです。
  卑近な例ですが、ゼミや研修会等で、【クメール】の中で伝えたいメッセージを解析し発表していただいています。
が、分かっているつもりでも、言葉にして発するとなると、なかなか納得できる解が得られません。

この場合、次の4段階で修得レベルを自己評価してみると分かりやすいですね。
  知っているか? ⇒知識を修得したか?
   ⇒自由に使いこなしているか? ⇒智恵に置き換え応用しているか?

如何でしょう。
  ハウツーを学べと言ってるのではありません。
人生や仕事で問題やエラー、思わぬ突発事故が発生した時に、生かせるかどうかです。
  幾ら学んでも、日常の課題やテーマに生かすことが出来なければ意味がありません。

一般的には、知っている⇒分かっている⇒生かしている⇒出来ている。
  知っている⇒出来ている の勘違いが多いのでは?
学んだことを生かす。
  まさに、実学、実践学の勧めです。
このステップで修得し、日常の中で生かすこと。

2.感じる心を磨く。 ⇒ 自分磨き
 そのためには感じる心を磨くこと。
 感性は訓練しないと磨かれません。
 本や記事を読んで当たり前を書いている。別に目新しいことはない。
 そう思ってしまうと上っ面だけをみて得心してしまいがちです。

【クメール】の『ものの本質を捉える  十の気』
≪kumeiso9004.blog116.fc2.com/blog-entry-1690.html≫
人が成長する10の要素と心構え』等の記事の各項目を
≪kumeiso9004.blog116.fc2.com/blog-entry-512.html≫
  チェックシートにして、日常の中で5段階評価で自己評価してみてください。
一般的に他人には厳しく自分には甘い点数になりがちですが・・・。

要は、自分を磨き、感じる心を磨く。
  そのためには、自ら省みる心と、問題点を見つけ掘り下げる『問題発見力を磨く』ことが大切です。
何故?何故?何故?何故?何故?
  5回繰り返し遡及(そきゅう)していくと今まで見えなかったものが見えてきます。

次回の記事、その2では、期待される人材の要素を抽出してみます。



  【クメール】 期待される人材の要素
     本質を読み解く。 




   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<「人の為に」はいつわりと読む = 情けは人の為ならず | ホームへ | 【リラックス・クメール】 カボチャ送りますね>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/4120-9420320d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)