FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

「人の為に」はいつわりと読む = 情けは人の為ならず

2018.10.23(00:01) 4121

【クメール】
  「人の為に」はいつわりと読む = 情けは人の為ならず



ある親しい人と話をしている時に、これからの私は「人の為に」役立ちたいという言葉を使った。
 ほう そうか でもそんなことを言う奴のことは信用しない!
言下に一蹴されショックを受けた。
  えっ、何故?? 現に私は自分のノウハウや技術をボランティア精神で無償で提供しているのに…!?
なによりもその活動の幅をこれから広げようとしていた矢先のことだったので、
  出鼻をくじかれ、私はかなりショックを受けた。

何故そんな酷いことを言うのか、人を見縊(みくび)る言い方にもほどがある。
  腹を立て、もうこんな奴とは付き合えんな・・・と心で思った。

  「人の為に」

今この言葉を反芻してみる。
  ボランティア精神とは言っても宣伝行為や何らかの見返りを求めているのではないのか。
ほんとに人の為だけなのか??
  自問自答してみる。
自分の評価が上がることを期待したり、これだけしてやってるのに・・・恩着せがましくなってしまう自分。

見返りを求めない一番美しいものといえば、母親の見返りを求めない子への愛ではないか。
  しかし、最も尊い母の愛情にしろ、この子が大人になって大成した暁には
自分の老後を見てもらおう等見返りを求めている気持ちがどこかにあるのではないか。
  いやむしろ、生まれて此の方面倒見てきたのだから、老後の面倒を見てもらうこと等当然のことくらいに思っていないか。
つい無意識で誰のお陰で大きくなったのかとか、誰が大人にしてあげたのかとか、
  つい子供に口走っている自分がいないか?

観音さまの見返りを求めない純粋な慈悲の心など、凡夫には到底及ばないことであろう。
  少なくとも私には出来ていないことに気づいたのである。
厚顔無恥な私は恥じ入っている次第である。

  人間 我欲のかたまり にんげんのわたし

         [相田みつを]

『人の為と書いて偽(いつわり)』と読む。
  人の為、家族の為、子供の為、会社の為、そう思って頑張り続け、裏切られたらどうなる。
裏切られたと思うこと自体が、見返りを求めている証拠である。

人の為、子供の為にするなと言っているのではない。
  「人の為に」と思ってやっていると、うまくいかなくなった時に心が破綻する。
裏切られたと思ったり、○○の所為でえらい目に遭った等
  自分の心は傷付き相手も含め不幸なことになってしまう。

純粋な慈悲の心なら、見返りなどないのだから裏切られることなどないであろう。
  子供を育ててあげた ではなく、育てさせてもらったことに感謝し一切の見返りを求めない。
そう考えられたならば、心は平穏になる。
  もう裏切られることもないのだから。

自分の為に頑張り、結果家族や会社に感謝されたらそれこそ幸せなことではないか
  ○○の所為ではなく、○○のお陰
お陰さまで、ありがとう。

  『情けは人の為ならず』

    意味 = 情けは人の為ではなく、自分の為である。

家族の為、子供の為、会社の為、お前の為、君の為…ううむやっぱり押し付けがましいか
  人の為は偽(いつわり=建前)で、本音は⇒自分の為であろう

ではでは
  「人の為に」ではなくて、自分の為に
1.愉しくやろう  ⇒ [愉快=自分の心のしこりを解き放ち]
2.自分自身が 心地よくなろう  ⇒  [快=自分の心を心地よく]
3.周りの人も一緒に楽しく  ⇒  [楽=みんなでワイワイガヤガヤ楽しく]

1と2は自分の為に
  その結果、3の周りの人を幸せにする

「人の為(君の為)に」というフレーズが入る場合
  先ずは建前と考え、真剣に受け止めない方が無難なようだ。



  【クメール】
    「人の為に」はいつわりと読む = 情けは人の為ならず


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<「笑顔の10ヶ条」 | ホームへ | 期待される人材の要素 本質を読み解く。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/4121-e23f37a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)