FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

『真実』とは違うところで『不信』が増殖する

2018.11.07(00:01) 4143

【クメール】
  『真実』とは違うところで『不信』が増殖する



某有名チェーン店のレストラン店長が
  金庫から金をくすねた
女性にセクハラ
  ビールを盗んで飲んだ等部下に噂を流されビラを撒かれた
会社から糾弾されたが無実を主張
  事実無根で部下の嫌がらせであると

しかし、店長の職を解かれ、閑職に回された
  会社は事実の有無には言及せず、部下の管理指導不行き届きという理由で管理職から外し移動を命じた
訴訟になった時に企業防衛する手段を心得ているのだ
  会社はいつもずる賢い

店長からすると晴天の霹靂(へきれき)の出来事
  ある日を境に人生は一変した
一度『不信』が芽生えると疑心暗鬼は増幅していく

ほれ、あの人ね
  嫌がる○子さんを無理矢理食事に誘ったり嫌らしいことしたってよ
それにね、お店の金庫からお金をくすねたらしいよ
  なんやかんや…

噂はあることないこと、尾鰭(おひれ)はひれまでついて信憑性を増して広がっていった
  事実と違うと主張すればするだけ疑いは深まっていくばかり

30年間も積み上げ培ってきた実績と評価はあっという間に崩壊していった

  元はといえば部下を熱心に厳しく指導するあまり、逆恨みされ

パワハラ・セクハラ等と受け取られ騒がれたのが原因か…

  逆恨みした部下は陰湿にも、職場内外に噂をばらまきビラ配りまでした(本気で思っていたのかも)

そういえば、そうそうあの人ね…色々ね…あの人危ない人

  全ての彼の言動が批判非難の対象となってレッテルを貼られていく

世間から一度そんな目で見られたら、もう終わり

  誰も直接には言わないが突き刺すような視線や白い目を背中から感じる

元店長は違う!違うんだ!心で何回も叫んだ
  まさに針のムシロ

一体30年間の自分の仕事、人生はなんだったんだ
  管理職のポストを追われ、培ってきた信頼と自負心は瓦解し、全てを失ってしまった。

仕事は誰よりも一生懸命会社の為に粉骨砕身尽くしてきた
  部下の教育指導も誰より熱心に行ってきた
現に自慢の部下も育った
  でもこの仕打ちは一体なんなんだ
まさに理不尽

会社に対する不信感
  部下に対する不信感
何より人間不信になってしまった

俺の50年間の人生は一体なんだったのか…
  この凄寥感(せいりょうかん=ぞっとするほど寂しい)、絶望感
ポストを失い自信を無くし奈落の底へ
  蝕まれていく心

『真実』とは違うところで『不信』が増殖する
  元店長は理不尽な会社と職場の部下を許せなかったが
その矛先を向けれない心中の板挟みに苦しんだ(建前は部下の管理不行き届きによる左遷)

会社と部下への『不信』は人間不信に
  生真面目に働いてきた結果、理不尽な仕打ちに遇い、故に破綻した心
今迄長年築き上げてきた信頼と絆は、たったこれっぽっちで瓦解する程度のものだったのか
  悲しみに打ちひしがれ人間不信に陥った彼に他の選択の余地は残っていなかった

孤独感、凄寥感、屈辱感、毎晩眠れない日々が延々と続いた
  ウツウツ・・・ハッ・・・ウトウト・・・ハッ
一晩に何百回も繰り返すのである
  なんと夜の長いことか
そんなある日、会社に行ったらいつも見慣れた景色がモノトーンになって見えた。
  同じ景色がこんなに違って見えるのか・・・白黒になった映像を眺めながら妙に感心した。

同僚や職場の人達は妙によそよそしい(そう感じる)
  昼食はいつも一人
閑職故する仕事もない
  この居心地の悪さはどうだ
時間は空疎でやたらと長い
  こんなことが永遠に続くのか…

人間は結局一人なんだ
  もう生きていく勇気も元気も安息の場所も残っていなかった

明日の意味すら無くした元店長は自らの命を絶つことで自分の人生に終止符を打った
  享年51歳

▼自分に合点のいかない理由で、突然周りから白い目で見られ、『不信』を持たれたらどうするのか…
  例えば、身に覚えのない痴漢行為
それでも私はやっていない
  ところが、やっていないことを証明することが如何に難しいことか

人生には三つの坂がある
  その三つ目のさか
まさか=魔坂=まっさかさまの坂に遭ったら…
熱心にしてあげたことが逆恨みを買う
  好意は相手によっては迷惑行為となり攻撃対象となる
世の中善意の人ばかりではない。思わぬ人がいることに思い至るべきであったか
  職場内での『不信』が[まさかのさか]を呼び込んでしまった

[後日談]
  遺族は労災認定されないことを不服とし訴訟を起こした
自殺から延々10年後に自殺と業務との因果関係あり、との地裁判決が出された
  部下の嫌がらせで自殺した事例での初の労災認定であった
やっと嫌がらせだったことが認められた
  しかし溌剌と生気に満ちて働いていた店長はもう戻っては来ない



《注》
  数件の実話を元に一話に纏めたものです


  【クメール】
    『真実』とは違うところで『不信』が増殖する


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<人生の結末 葬儀に 関係者のそれぞれの思惑が蠢(うごめ)きだす… | ホームへ | 還暦と卒婚>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/4143-9db062bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)