FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

知人の訃報に接し

2018.11.19(00:01) 4158

【クメール】
  知人の訃報に接し



  元気だった知人

     急に病に斃れて

  不帰の人となった

     まだ60半ば

D85_1497.jpg



  お参りする機会がなくて ずっと気になっていたが

    やっとお参りする機会を得た

  我々衆生の民は「生老病死」百八の煩悩に四苦八苦しているもの 

    人は死に直面した時 愕然とし憔悴し 悲しみと恐怖におののく

  だが真実は 生も死も 本来生じたのでも滅したのでもない

    という真理が書かれた経典が 「般若心経」である

  悲喜こもごもを超越したところにある真理

    「般若心経」は 死は決して悲しいものではないと説いている

  ご霊前に捧げ 読経させていただきました

      合掌m(_ _)m


D85_1504.jpg


「般若心経」 現代語訳
偉大にして深妙なる智慧の実践行について、 その最も肝要なる教えを仏が説ける聖典
観自在すなわち観音菩薩が、 深き智慧の実践行を行じておられたときに、
すべての苦しみという災いから救ったのである。
人間の構成要素としての五種のものは、 すべて実体なきものであることを実感して、
舍利子よ。 形があるということは実体がないということと同じであり、実体がないと同じことが言えるのだ。
他の四つの心の働きである、 感覚、 記憶、 意志、 知識も、 形あるものの場合とまったく同じで
実体がないということになり、 実体がないからこそ、 形がある、 ということになるのだ。
ということは形があるということと同じなのである。 すなわち、 形があるからこそ、実体があるともいえるのだ
舍利子よ。 これこそが、 この世のあらゆる存在や現象には実体がない、 という姿なのである。
したがって、それらは本来生じたのでも滅したのでもないし、よごれたものでも浄らかなものでもないし、
増えたものでも減ったものでもないのである。
したがって、 実体がないということの中には、 形あるものはなく、 感覚、 記憶、 意志、もない。
知識といった精神作用もないし、眼・耳・鼻・舌・身体・心といった六つの感覚器官
さらに、 形・音・香・味・接触感・心の対象、 といった、 それぞれの感覚器官の対象もないし、
それらを受けとめる、 眼識から意識までの六つの心の働きもないのである。
さらに、 無知もないし無知が尽きることもない、 ということからはじまって、 老も死
もなく、 老と死が尽きることもない、 ということになる。
かくて悟りを求める
もともと得るものがないのだから、 智も得もないことになる。
苦しみもその原因も、 それをなくすことも、 そして、 その方法もない。
者たちは、智慧の完成という実践行に従っているので、心には何のさまたげもなく、
そのさまたげから遠く離れているので、 最後には永遠にしてしずかな境地に到達することになる。
何のさまたげもなく、さまたげがないから恐れがなく、すべてのあやまった考え方から遠く離れているので
最後には永遠にして静かな境地に到達することになる
過去・現在・未来の仏たちは、智慧の完成を実践するので、この上なき最高の悟りを得ることができるのである。
真実にして虚妄ではないものだ、
これこそがあらゆる苦しみを除き、
比べるべきものなき真言であり、
最高の真言であり、
悟りのための真言であり、
したがって、 智慧の完成という実践行こそが、偉大なる真言であり、
すなわち、 その真言とは、 次のようなものである。
さてそこで、 智慧の完成の真言を最後に出しておくことにしよう。
〝往き往きて
彼岸に住き
完全に彼岸に到着したものこそ
めでたし〞
さとりそのものである
「智慧の完成についての最も肝要な教えを説きし聖典」

https://www.xn--t8j4c7dy42mj9kt8e4tsjg7cfa.net/hannyashingyo/ より



  【クメール】
    知人の訃報に接し


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<まさかの坂「交通事故」 | ホームへ | 【クメール】 「モッコウバラ」季節は過ぎても(慰霊として)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kumeiso9004.blog116.fc2.com/tb.php/4158-f1aa3a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)